FC2ブログ

GPM フランス 重榴弾砲 "SCHNEIDER 155C MLE 1917 " 後編

今年は庭の果樹がどれも不作(特に柿、ミカンが全滅状態)でションボリしている筆者のお送りする世界の最新カードモデル情報。今回は前回に続きポーランドの老舗、GPM社からリリースされた新キット、フランス 重榴弾砲 "SCHNEIDER 155C MLE 1917 "の紹介。

-produkty-292629-schneider-mle-kat-561-jpg-1900-1200.jpg

とは言っても、前回にあらかた重要なところは紹介してしまったので、今回は主に第一次大戦後についての補足だ。
MLE 1917は扱いやすかったために大戦後半の短い期間に約3000門が製造された(1915からの改造分を含む)。
重砲ってのは大抵の国ではなかなか更新されないものなので、フランスでは第二次大戦勃発時にも約2000門のMLE 1917が編成に残っていたが、いくら第一次大戦の優秀火砲でも、観測機による着弾観測と組み合わせることを前提に火砲の射程が伸びた第二次大戦ではMLE 1917の最大射程11キロは見劣りしたし(ドイツ軍の装備してた15センチ榴弾砲 sFH 18 の射程が約13キロ)、そもそもドイツ軍の電撃戦でフランス軍砲兵隊はウロウロしているだけで戦争に負けてしまったので、MLE 1917は多数がドイツ軍の手に落ちた(具体的な数は不明)。

ドイツ軍ではこれらを15.5 cm sFH 414(f)として再整備したが、さすがに最前線で使うわけにはいかず同盟枢軸軍に供与(少なくともフィンランドに166門、ルーマニアにも一定数を供与している)したり大西洋防壁で連合軍の侵攻を待ち受けるのに使用した。また、フランス防衛の任に当たっていた二線級部隊のうちいくつかの師団(第331、第709、第711、第716)では砲兵連隊もこの砲を装備していたようだ。

MLE 1917は他にも多数の国に供与されたり販売されたりしたために、ドイツ軍ではポーランド軍から鹵獲した15.5 cm sFH 17(p)とか、ベルギー軍から鹵獲した15.5 cm sFH 413(b)とか、ユーゴスラビアから鹵獲した15.5cm H 427(j)とか、イタリア軍がギリシャから鹵獲した砲をイタリア降伏の時に接収した15.5 cm sFH 414(i)とかがあって、そりゃもう大変カオスなことになっていた。しかし、よく考えたらこれらって基本的に同じもんなんだから、わざわざ律儀に区別する必要あったんだろうか。なおポーランドはMLE 1917を自国でライセンス生産しており、第二次大戦勃発時は340門のMLE 1917がポーランド軍野戦重砲の全てであった。

他に、変わったところではロシア帝国軍が第一大戦中にフランスから供与されたMLE 1917に、自国で使っている152ミリ砲の砲弾を撃てるように内筒を入れた152ミリ口径のMLE 1917を保有しているという情報があり、ドイツ軍は15.2 cm sFH 449(r)という名称を先に準備していたのに実際にはこの名称を与えられた鹵獲火砲はなかったようだ。これが、152ミリMLE 1917という火砲そのもの存在しなかったのか、それとも存在はしていたが鹵獲されずに破壊されてしまっただけなのかはよくわからない。ちなみにソビエト軍は1939年9月のポーランド侵攻でも100門以上のMLE 1917を鹵獲しているようだが、これもどこへ行ってしまったのか不明だ。ソビエト軍って大砲が大好きな割に、接収したり鹵獲したりした火砲が全然使われた形跡がないのはなぜなのか。

第一次大戦でフランス軍に次いでMLE 1917を多数運用したのは意外にもアメリカ軍で、アメリカ軍は第一次大戦参戦時に装備していたM1908 152mm榴弾砲(6インチ)が、最大仰角40度で砲弾が6キロしか飛ばないというヤバヤバ性能だったので訓練にしか使用できず、フランスからMLE 1917をなんと1500門も購入し自軍に配備した。と、Wikipediaに書いてあるが、前述の通りMLE 1917の生産が3000門で1500門を米軍に供与したら第二次大戦勃発時にフランス軍が2000門を保有しているはずがないので、どっかでなにか間違っているようだ(後述のライセンス生産分が1500門に含まれるのかもしれない)。
インチ・ヤード法を頑なに守る米軍だが、このMLE 1917とGPF 155mmカノン砲の2種類の155ミリ砲だけはやたらと気に入ったようで、その後も155ミリ砲だけはメートル法で、キリがいい数字のままになっている。

アメリカ軍はMLE 1917があまりに気に入ったもんだから、さらに56万ドルでライセンス権を購入して自国で生産を開始したが、このM1918-155ミリ榴弾砲は防盾が一枚板になり、車輪がゴムタイヤになるなどの変更が加えられている。

732px-elevation_of_the_155mm_Hawitzer.jpg

Wikipediaからの引用で、”155ミリ砲に仰角をかけるJames.B.Aets軍曹と、照準を定めるCharles J. Hines伍長”。米国立公文書館所蔵。防盾が平面になってゴムタイヤ履いただけでぐっと近代的な見た目になっていることがわかる。軍曹と伍長2人だけで重砲を運用することはないだろうから、たぶん宣伝用の演技だろう。

せっかくライセンス生産まで始めた155ミリ砲だったが、終戦のためにM1918の生産は626門で終了したので結果的にはかなり高くついたことになる。
なお、米軍が第一次大戦で最後に発射した砲弾は第11野戦砲兵連隊に配備された、”カラミティ・ジェーン”と愛称のつけられたMLE 1917だったそうだ。
米軍は1941年に後継となるM1 155mm榴弾砲を開発しており、戦場にはこちらの新型砲を持ち込んだので、おそらく第二次大戦ではM1918とMLE 1917はアメリカ国内での訓練にのみ使用されたものと思われる。

GPMからリリースされたフランス 重榴弾砲 "SCHNEIDER 155C MLE 1917 "は完成全長約30センチ。難易度は3段階評価の「2」(普通)だが、火砲キットは細かい工作が多いのでこれは「火砲としては普通」ぐらいの意味で受け取ったほうがいいだろう。そして定価は50ポーランドズロチ(約1700円)、レーザーカット済のパーツが同梱された「コンプリート版」は80ズロチ(約2700円)となっている。
あまりキット化されることのない第一次大戦火砲なので、この時代の火砲ファンのモデラーなら、このキットを見逃すべきではないだろう。

キット表紙画像はGPM公式サイトからの引用。

*定価はあくまでも現地で購入する場合の値段です。日本国内で購入する場合には輸送費などを考慮し、2倍~3倍程度になるとお考えください。



参考ページ:
https://ja.wikipedia.org/wiki/シュナイダーM1917C_155mm榴弾砲
英語、フランス語、ポーランド語、ロシア語など各国版を参考とした。
スポンサーサイト



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
おすすめショップ
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
製作進展中