FC2ブログ

ポーランド 駆逐艦 ORP Kujawiak 戦記 その4-1

さて、まだ非常事態は解除されておらず本日も一働きしてきたんですけれども、どうもこの様子だと4月中は休暇がなさそう。そうすると次回更新は令和になってからってことになって、こんな零細ブログのことはみんな忘れてしまうのでまとめてある分を少しでいいから更新して生存報告とさせていただこうということとなりました。なりました、っていうか、しました。
なんで、今回は分量少なめ、いつにも増して文章ガタガタですがなにとぞご容赦を。

1942年初夏、北アフリカの命運を決する地中海上の不沈空母、マルタ島はドイツ空軍の傘の下に収容されて補給が途絶え危機的状況となっていた。
そんな状況を覆すため、6月10日にイギリス軍はマルタ島に対する決死の輸送作戦を開始する。この作戦は単独で行われるものではなく、西のジブラルタルから出港する「ハープーン作戦」と、西のアレクサンドリアから出港する「ヴィガラス作戦」が同時に突進すれば片方ぐらいはマルタ島に駆け込めるだろう、というものだった。なので、マーケット作戦とガーデン作戦を同時におこなった「マーケット・ガーデン作戦」みたいに「ハープーン・ヴィガラス作戦」と言っても良さそうなもんだが、語呂が悪いのかなぜかそうは言わない。

作戦では東からヴィガラス船団11隻、西からハープーン船団6隻、合計17隻の輸送船がマルタを目指すが、さすがの大英帝国海軍でも両船団に護衛に十分な戦力を当てることはできず、東のアレクサンドリア軍港駐留艦隊にいたってはイタリア軍水中スクーター(いわゆる「人間魚雷」)による破壊工作でなけなしの戦艦2隻が損傷しているために1911年竣工で、しかも戦間期に武装を撤去して標的艦になっていた旧式戦艦HMS センチュリオンに対空兵装だけを積んで出撃させざるを得ないという状態だった(後にセンチュリオンはノルマンディー戦で防波堤として沈められている)。

一方、ハープーン船団は戦艦1隻、空母2隻、軽巡洋艦3隻、駆逐艦9隻(他に掃海艇など小艦艇が付随する)が護衛につき一見十分な戦力に見えるが、損失を避けるために戦艦1隻、空母2隻、軽巡洋艦3隻はドイツ軍航空攻撃が激しくなる海域に差し掛かる前に離脱することとなっており、残りは防空巡洋艦HMS カイロと駆逐艦の護衛だけで枢軸軍空襲下をマルタまで突っ走るという算段になっていた。

そんな状態なので、6月12日に出発したヴィガラス船団は出港直後から激しい空襲を受け次々に艦船が落伍、さらに戦艦2隻を擁する優勢なイタリア艦隊が船団攻撃に出港したとの情報がもたらされた。
イギリス海軍はイタリア軍迎撃艦隊に対し航空攻撃を加え重巡洋艦「トレント」を脱落させる(その後、英軍潜水艦の雷撃で沈没)も船団目指して進むイタリア艦隊を阻止することはできず、高角砲しかないセンチュリオンとイタリア戦艦2隻では勝負にならないので15日に反転、帰投した。

イタリア海軍の戦意のなさはネタとしてよく揶揄されるが、艦隊は存在することが意義であるという艦隊保全主義から言えば男らしい決戦でイタリア艦隊が壊滅するよりも、逃げ隠れしてまともに戦う気がなかったとしても「地中海にイタリア艦隊が存在する」ということは重要であった。
(その4-2に続く)



参考ページは最終回にまとめて掲載予定。
スポンサーサイト



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
おすすめショップ
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
製作進展中