ロンメル将軍の指揮車両。(Sd.Kfz.250/3 グライフにあらず)

rommel_top.jpg

ネットで見つけたおもしろいもの。
1969年、アポロ11号は月までいったというのに、モノグラムはとんでもないプラモデルを発売していた。
その名も’Rommel's Rod’! このRODはHOTRODのRODですな。
サブタイトルは”The Desert Fox's Krazy Kommand Kar”! ”砂漠の狐”ロンメル将軍のクレージーな指揮車両だ! クレージー、コマンド、カー、それぞれの’C’が’K’になっているのは「ドイツ風」ということなのでしょう。ロシア風を気取る時もこういうことするよね。
中身はジュニア向けの簡単なキット(それにしては24分の1だからデカイ! さすがアメリカ!)なのですが、わざわざフルディティールアップで作るとこうなる
こうキッチリと作られると、なんだかこれはこれで「あり」な気もしてくる。ほら、インディ・ジョーンズにこんなやつ出てきたよね、と言えばうちのオカンぐらいは騙せそうだ。
そもそも、ロンメル将軍は北アフリカで戦死してないんだから、車に乗ってる将軍は誰だ? 前任のシュツンメ将軍か? など細かい事はもうこの際言いっこなしで。中国語では「鬼」というのは幽霊を現す言葉らしいので、これが本当の「砂漠の鬼将軍」ってわけだ、ぐらいの鷹揚なココロで見てあげてください。
意外なのはオリジナルでは車についている指揮官旗がハーケンクロイツ(鍵十字)ではなく、鉄十字になっていること。このころ、すでにハーケンクロイツに対する忌避感があったのだろうか。
なお、写真はリンク先からの引用。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード