MEGA-graphic社 ベネトン・キャメルB190B

勢いで買ってはいいが本棚でホコリを被っているキットを紹介することで、わしが少しでも元を取った気になろうという趣旨の当カテゴリ、今回紹介するのはポーランドのお隣の国で、当コーナー初登場となるチェコ製キットです。メーカーのサイトはどうしても見つかりませんでした。キットにもアドレス書いてないし。

F1_B190B_1.jpg

うーん、90年初頭のF1カーって、独特のスタイルしてますな。吊り下げウィングになる前のノーズがなんとも懐かしい。
チェコはポーランドと並んでカードモデルが盛んなのですが、全く別の発展をとげておりそこには多くの差異があります。例えばポーランドではカードモデルのラインアップは戦闘機や戦車、軍艦、あと重機がメインなのに対してチェコのキットはスポーツカーやラリーカーなどのオートスポーツ関連、それから建築物のキットがとても多いのが特徴です。チェコって歴史的建造物多いからね。
それから、厚紙での心材をチェコキットではあまり使いません。同じ厚みの紙を縦横に張り巡らせて強度を保っています。
そして、なんといってもチェコキットの特徴となるのが展開図の特殊さです。

F1_B190B_2.jpg

どーん。
これがベネトン・キャメル190Bのパーツ全ページです。紙厚は約0.16ミリ、紙質は上質紙っぽい感じです。バラバラになっていますが、これは作ろうとしたわけではなく最初からバラバラの紙がA3を二つ折りにした表紙に挟まれた形で綴じずに送られてきました。
線はデジタル、印刷はハッキリしておりカスレやムラはありません。ただし、ちょーっと粒子が粗い気もしますが、全然許容範囲内。
パッと見てすぐにわかると思いますが、とにかく密度が凄い。余白を少しでも減らそうと押し込まれています。

F1_B190B_3.jpg

アップで見るとこんな感じ。凄いでしょ。このキットはエンジン周りの内部を再現しているキットですが、チェコ製キットのF1カーは普通は内部はなしで2ページで構成されています。密度はいつもこれぐらい。

F1_B190B_4.jpg

さらにアップで。ワーオ、何がなんだかわからないぜ。
チェコキットは各種記号までポーランドキットとは異なっており、丸の中に入っているのがパーツの番号、小さく書いてあるのはそこに貼り付けるパーツの番号(%の後に番号が書いてある場合には裏側にその番号のパーツがつく)、そして黒い三角はその先を山折り、白い三角がその先を谷折りとなっています。日本式の破線での指示だと完成品の角に折り線の破線が見えてしまうのですが、この山折り、谷折りがパーツ外の三角で指示されているのはそれがなくていいアイデアだと思います。
また、貼り付ける先のパーツが展開図中で図示されているので、説明書で分かりにくい部分が展開図でわかることもあり、これも嬉しい心遣い。

F1_B190B_5.jpg

だって、組み立て説明書ってこんなんなんだもの。
組み立て説明はステップに分かれておらず、これを見ながらパーツ番号の順番に組んでいけば多分完成する、という感じ。これだけ見てると不安になりますが、けっこうなんとかなるもんですよ。

肝心のキット内容は、デザインはチェコのF1カー、ラリーカーのデザインを多く手がけているMichal Antonicky氏。スケールは24分の1、定価はどこにも書いてないしメーカーのページもないのでわかりませんが、自分はチェコのショップで4ユーロ(あのころは600円ぐらいだったはず)で買いました(送料別)。
カーナンバーはもちろん、19番ロベルト・モレノと20番ネルソン・ピケから選べます。

MegaGraphic社はF1カー、ラリーカー以外にも35分の1で戦車もリリースしています。しかし、ポーランドのキットを扱うショップは世界中にあるのに、チェコのキットは日本では手に入りにくいのが欠点。
なお、F1カーのみなら、「紙模型.com」さんで大変お手頃な価格で買う事ができます。戦車や戦艦にはあまり興味はないが、F1カーなら作ってみたい、という方は挑戦してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おっ!ついにF1の登場ですね。のとっちょさんは車のほうはどうなのかしらんと思っておりましたので、そちらのほうの展開も今後期待してますョ。
私も車(特に60年代)が好きで、ペパクラ化したいものが一生分あるのですが、この年代のものは丸っこくて素人には難しいです。兵隊さんのところはご存知かと思いますが、ほんとに素晴らしい作品を公開されてますよね。いつか私もあんな作品が作れるようになればと日々妄想してます(笑)。
ちなみに”トッポりん”はかつての愛車からきてます。

Re: No title

「カード兵隊」さんのところの車たち、とてもいいですよね。あんな簡単な形がクルリと素敵な車の形になるのは、カッチリとした戦車のデザインとはまた違った手法が必要となりそうです。
いつか、カルマンギヤとか作ってみたいな~とは漠然と妄想はしているのですが(笑)
展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード