一式中戦車・車体後端の芯材。

正直、今日はあんまり書くことないです。
早く後部デッキのスキンを貼りたいんですが、仮組みをするたびに「あ、ここも先にやっておかないと」という点が見つかって、またデッキのスキンは後へ後へと逃げていく。このままウラル山脈を越えられてしまったら、ドイツ軍には手が届かなくなってしまいますよ。
で、今日の進展はここ。
ばばーん。

20091203_04.jpg

車体後面と後部デッキのスキンはつながっているので、車体後部の芯材も先に組まないといかんということに、いまさら気づきました。ぎゃふん。
写真に写っている11番の芯材を入れようとしたらなんか左右の板と干渉しているっぽかったので少し切り詰めてしまったのですが、後でスキンを当ててみたらもともとの長さで良かったみたい。どうやら、かすかに車体下側が狭まる形で歪んでいたようで、12番の芯材を長さを詰めないでそのまま入れたらなんとかなりました。
ここまでくれば、車体底面スキンを貼る基礎となる芯財、12aを貼れば残る車体の心材は側面装甲を支える小さな3a、3bだけ。
がんばって、近いうちに車体の形を見えるようにするですよ~
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード