一式中戦車・ルーバーの支え。

わけあって、今日も一式中戦車です。リベットの作り方の続きが気になってる方はごめんなさい。実は、次の新製品情報で扱うネタが難物で、いろいろ調べているうちに時間がなくなってしまいました。その分、次の新製品情報では興味深い記事が書けると思うので堪忍してくだされ。

20091124_05.jpg

表題の一式中戦車のルーバーを支える芯材ですが、後部デッキの芯材、パーツ番号「6」の端っこに垂直に「6a」を取り付けて、ルーバー(大)を内側から支える台を作ります。ルーバー(小)には一切の支えがないので、スキンとデッキ芯材の裏側に直接接着するしかないんだろうな、たぶん。
幸い、左右の幅も無理やりということなく入り、よーし、これで固定するか。その前にルーバーを車体上側から入れて様子を見て……と思ったら、デッキ上側からは入りませんでした。(写真では入っていますが、これは内側から入れて6aを差し込んだ状態)
どうもルーバーの穴の前後の長さが足りない。と、いうより芯材に開いている小ルーバーと大ルーバーの穴の間がどうも広いんじゃないかな。と、いっても0.5ミリぐらいですけど。
どうしよう、もう組んでしまったから削るの大変そうだな。

20091124_06.jpg

裏から見ると、それなりにはまっているように見えますけど、このまま後部デッキのスキンを貼るとルーバーの箱が前に寄っていて、ルーバーの一番後ろの板の後に妙な隙間ができてカッコ悪そうなんですよね(写真撮り忘れました)。
うーん、精密薄刃ナイフで切れるかやってみるだけやって、ダメならこのルーバーの穴の間を切断してしまえ。強度は落ちるけど仕方がない。
そんなわけで、またも後部デッキ完成が遠のいていく。
後部デッキだけでどれだけ粘るんでしょうね、この人は。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード