FC2ブログ

気になる新製品一挙紹介

植えられてから十数年、一度も実をつけたことがなかった庭の梅がなぜか突然多数の実をつけて驚いた筆者のお送りする世界のカードモデル情報。今回はネタ的にはあまり説明することがないが見逃すことのできない新製品をまとめて紹介。

まず最初は、以前唐突に投入されたドイツ戦車によく似た万世戦車軍団で度肝を抜いた肉の万世から「秋葉原パノラマ」を紹介。

panorama_kakudai-2.jpg panorama_kakudai.jpg

秋葉原は秋葉原だが、秋葉原駅ではなく、万世秋葉原本店と万世橋を中心とした一帯を模型化。一応説明しておくと、赤い縁取りのある一際大きいビル(JR神田万世橋ビル)の目の前にある複数の線路が並ぶ駅っぽいスペースは秋葉原駅ではなく、万世橋駅跡である。
写真ではわかりにくいが、ベースはA4のシートを縦横3枚づつ計9枚つなげておりかなり大規模な仕上がりで、ざっと計算したところスケールは300分の1ぐらいになりそうだ。これ、実際に作る人どれぐらいいるんだろう。腕に覚えのあるモデラーなら3分の1に縮小してA4一枚におさめてみるのもいいだろう。 
また、ミニチュア・ウォーゲームの「Flames of War」の15ミリフィギュア スケール100分の1に合わせて全体を3倍に拡大し、自作の「秋葉原決戦」シナリオをプレイするのもおもしろそうだ。もちろん、もっと拡大して「ウォーハンマー」や「ウォーハンマー40,000」のベースとして使い、秋葉原にハイエルフやスペースマリーンを投入するのもありだろう。
いや、そんな無茶な拡大しないでも倍に拡大して「ワールドタンクミュージアム」の戦車で遊べばいいのか。まぁいいや、もう書いちゃったから。

肉の万世の「秋葉原パノラマ」は
肉の万世→まんせいクラブ→ちびっこあつまれ!まんせいくらぶ→ペーパークラフト
から選択してダウンロード可能。
展開図は無料公開されているが、もちろん転載、販売、頒布などは行えない。

https://www.niku-mansei.com/contents/05club/papercraft/paper_panorama.html
キットページ直リン

お次は2013年ごろカードモデル界参入の新興ながらAviatik B.I、Kfz.13などのハイクオリティキットで存在感を刻んだポーランドのブランド、WEKTORからの新製品、コロナウィルスだ。

Koronawirus 01

(゚Д゚)


z1.jpg
なぜ目をつけたし。

いや、うん。まぁ、なんと言うか、なにも言うことないです。下手なこと書くと禁則事項に引っかかりそうだし。「10000:1」ってスケール表示もすごいぞ。定価は12ポーランドズロチ(約400円)だ。
このWEKTORというメーカー、ハイクオリティながらドマイナーなドイツ軍車両や第一次大戦の複葉機をリリースしていたかと思うと、急にラインナップが「お菓子の家」とか「小人さんの家」になってビックリしたりする不思議なブランドである。

ぶっちゃけ、これ買う人いるの? とも思ったのだが、この100年に1度のパンデミックの際に自分はカードモデラーだったんだ、ということを記録する記念碑として未着手キットの棚に並べておくというのは結構真面目にアリかもしれない。
だが調子に乗ってマールブルグとかインフルエンザとかシリーズ化しないことを祈るばかりである。

次はルーマニアの個人ブランド、DragosCardmodelsのリリースした新製品、「オーブリオ・ガベー」だ。

Aubriot.jpg

わはは、きたきた、きちゃったよオーブリオ・ガベー。
画像はecardmodels.comからの引用。なぜか庭らしき屋外に置かれたオーブリオ・ガベー。あ、よく見ると「ROMANIA 2012」って表紙に書いてある。これ8年も前の商品なのか……

この変なモノは第一次大戦で塹壕戦をなんとかしようとフランスで開発された変なモノ。詳しくは過去記事「フレンチ・モンスターズ」を参照してくれると嬉しいな。
スケールは35分の1、難易度は5段階評価の「3」(普通)、販売はデジタル版のダウンロードのみで定価は3.49ドルだが、今ならセール中で2.99ドルで購入できる。

DragosCardmodelsは他デザイナーのキットのリペイント版もリリースしているのだが、ルーマニア愛を発揮してルーマニア空軍のドルニエDo.335とか、ルーマニア空軍のホルテンHo.229などのドリーミーなラインナップが特徴。ドルニエDo.335には他にもバリエーションとして日本海軍とかイスラエル空軍とか、イタリア空軍とか、コンドル軍団とかあってめちゃくちゃカオスなので興味あるモデラーはぜひDragosCardmodelsのラインナップをチェックしていただきたい。
他のはともかく、コンドル軍団のDo.335(しかもアドルフ・ガーランドのパーソナルマーク入り)ってどういう設定なんだ……

https://ecardmodels.com/product/1-35-cuirasse-aubriot-gabet-paper-model
商品ページ直リン

さて、唐突な注目の新商品乱打企画、最後に紹介するのはカードモデル艦船界の重鎮、独自のウォーターライン・小スケール路線で定評のあるポーランドJSC社からの新製品、レースの手編みショールだ。

3097.jpg

軽く、エレガントなショール。素材は高級モヘア75%、シルク25%。
見本写真のマネキンはMサイズだ。
いや、ちょっと待って。

なんでJSCのショップサイトでショール売ってるの? 経営の多角化なの? 他にもレーザーカットの機器を利用してイースター用のオーナメントとか売ってるブランドはあるけど、ここまで関係ないものがしれっとラインナップに加わっているっていうのは初めてだ。
なんの説明もないままにカテゴリーに「艦船」「車両」「ツール」なんかと並んで「手編みショール」ってのが追加されてるし。
謎である。
ちなみに定価は95ユーロ(約1万1千円)。お手入れは中性洗剤を使って手洗いすることをオススメするそうである。
*6月1日追記
コメント欄で情報いただきました! JSCがショールを扱い始めたのは、JSCの中の人はもともと高級糸を使った手編みが趣味で、この度その完成品を販売することにしたとのことで、facebookで経緯の説明があったそうです。なるほど!
情報ありがとうございました!



http://store.jsc.pl/index.php/productcart/vanilia-hand-knitted-silk-lace-shawlscarf
商品ページ直リン


さて、やや駆け足となってしまったが注目の新商品の数々、「場所」「ウィルス」「変なモノ」「服飾」とバラエティーに富んだ内容となったが、読者モデラー諸氏のお眼鏡にかなう一品はあっただろうか。
残念ながら今年はモデラーズクラブ合同展示会が中止となってしまったが、自分的には5月中旬からが模型新年度。今年度もよろしくお願いいたします。



画像はそれぞれ公式ページ・ショップサイトからの引用。

*「コロナウィルス」「手編みショール」の定価はあくまでも現地で購入する場合の値段です。日本国内で購入する場合には輸送費などを考慮し、2倍~3倍程度になるとお考えください。
また、コロナウィルスの影響で現在ポーランドのショップやメーカーの多くが一部ヨーロッパ以外への商品発送を停止しています。
直販や個人輸入を試みる際はお気をつけください。
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
おすすめショップ
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
製作進展中