FC2ブログ

ドイツのカタパルト船について・その3

諸般事情で抗生物質の点滴を受けているが、医者に「あとどれぐらい続けることになるでしょうか」と聞くと、「あと一週間ぐらいでしょう」と、ここ1ヶ月ほど毎週言われている筆者のお送りするカードモデル? かもね、な情報。今回も引き続きドイツのカタパルト船について。

前回は、えーと、なんだっけ。
ああそうだ、ノルデンドイッチャー・ロイド(Norddeutscher Lloyd)が新造する5万トン級豪華客船「SS ブレーメン」に船舶用カタパルトを積むことにした、ってとこまでだ。

そんなわけで客船SS ブレーメンにハインケル製カタパルト「K2」が搭載され、さらにカタパルト射出専用機も新設計されることとなり、ハインケルはこの目的のため新たにHE 12 を制作する。
HE 12の「HE」というのは、後にドイツ空軍が制式採用したハイケル機につけたメーカーコードの「He」とは関係なくて、ハインケルの単葉機(Eindecker)という意味であった。ちなみに前回登場した HD 15 の「D」は「複葉(Doppeldecker)」のD である(たぶん、三葉機(Dreidecker)を開発した時は HDr ○○ にするつもりだったのだろう)。

800px-Heinkel_HE_12_on_catapult_SS_Bremen_LAir_September_15,1929

Wikipediaからの引用(この項の画像全て同様)で、SS ブレーメン船上のHE 12。
飛行機そのものは目立って変わったスタイルでもない。エンジンはプラット&ホイットニー "ホーネット" 500馬力。最高時速は約200キロ強だった。
客船からカタパルト発進して郵便を届けるだけなんだから別に水上機でなくても、カタパルト発進した陸上機が飛行場に着陸してから港に着いた船にクレーンで積み直せばいいような気もするのだが、まぁ飛行場から港まで運ぶ手間もあるし、当時の信頼性が低い飛行機で一旦発進したら最後、陸地に辿り着けなかったら遭難決定、ってのもたまったもんじゃないか。

SS ブレーメンは1929年6月に竣工、さっそく7月に HE 12 を積んで処女航海へと旅立つ。7月22日、HE 12はニューヨーク港から400 kmの距離でブレーメンから発進、無事郵便物を届けた。
これはニューヨークで大歓迎を受け、市長ジミー・ウォーカーによってこの HE 12 (機体記号「D-1717」)は「ニューヨーク」と名付けられた。
なお、この航海でSS ブレーメンは西行き大西洋航路の横断速度でそれまでの最速記録だったRMS モーリタニアの持つ記録、平均約26ノット(1909年 9月26日 - 9月30日)を大幅に上回る平均約27.8ノットを記録。最速船に送られるブルーリボン賞を獲得している。

800px-Heinkel_HE_12_on_SS_Bremen_from_above_LAir_September_15,1929

HE 12がSS ブレーメンに積んである様子がよくわかる一葉。L'Air magazine詩1929年9月15日号からの転載らしい。船しか写っていないので周辺状況がわからないが、港でHE 12をクレーンで積んでいる最中かもしれない。上部構造物側面に書かれた船名「BREMEN」にも注目だ。
格納庫があるようには見えないので、どうも航海中はずっと露天繋留だったようだ。整備性とかどうだったんだろう。

800px-Heinkel_HE_12_catapult_launch_SS_Bremen_LAir_September_15,1929

これもL'Air magazine詩1929年9月15日号からの転載で、射出されるHE 12の迫力ある一葉。豪華客船の旅も終わりに近づいた乗客たちにとって、HE 12の射出は船内最後にして最大のイベントになったことだろう。よく見ると煙突の中にも乗員らしき人影が見える(もちろん、正確には煙突ではなくて整形覆いの中)。

なお、SS ブレーメンはつい最近、ドイツHMV(Hamburger Modellbaubogen Verlag)社から素晴らしいクオリティのキットがリリースとなったのだが、これを紹介しようと寄り道するとまた帰りが遅くなるので、今回は素通りさせていただこう(近日中に紹介予定)。もちろん、HE 12もキットに含まれている。

なお、SS ブレーメンには SS オイローパ という姉妹船があって、こちらは SS ブレーメンの半年後に就航したが HE 12 の座席を並列にし、やや機体を拡大した HE 58 (機体記号「D-1919」)が搭載された。

Bundesarchiv_Bild_102-10309,_Katapult-Flugzeug_des_Dampfers_-Europa-

SS オイローパに積み込まれるHE 58。並列のコクピット、船体のEURO(PA)の文字に注目。なお、HE 58は当初「アトランティック(Atlantik)」の名前が与えられているが、1931年に名前は「ブレーメン」に変更されている(上の写真もよく見ると、胴体に"BREMEN"の一部が見えている)。SS ブレーメンの姉妹船のSS オイローパに積んでる飛行機の名前がブレーメンではわけわからなくなりそうだが、SS ブレーメンのHE 12は1931年10月5日、カナダのファンディ湾入り口で事故により破損、破棄されているのでその関係かもしれない。
HE 12、HE 58 ともいわばそれぞれの客船のためにオーダーメイドで作られた機体で、それぞれ1機づつしか作られておらず、HE 12の事故後ほどなくしてSS ブレーメン、SS オイローパ2隻の搭載機はユンカースJu 46 へと置き換えられた。

800px-Ju46_D-2244_Europa_Katapultstart_1932.jpg

SS オイローパから射出されるJu 46 D-2244「オイローパ」。1932年撮影。
Ju 46は見ての通り密閉風防の機体でBMW 132エンジン(650馬力)で最高時速約230キロを出すことができた。

客船からカタパルト発進するお急ぎ郵便サービスは到着が1日から早くても2日短縮される程度で、一瞬で電子メールを遅れる現代の感覚からするとそれほど凄みを感じないのだが、それでも当時はなんかその「すごいことしてる感」がウケたのか評判は良かったそうだ。
この好評に乗る形で、ルフトハンザドイツ航空はさらに大胆な「大陸間完全航空便」を計画する。
とは言っても、当時はまだ貨物を積んで悠々大西洋を横断できるような長距離飛行が可能な機体はまだ開発されていない。
そこで、ルフトハンザが計画したのは洋上にカタパルト装備の補給船を浮かべておき、ヨーロッパ(もしくは新大陸)を飛び立った水上飛行機と海上で会合、拾い上げて整備と補給を行ってからカタパルト発進して目的地を目指すというものだった。
あれ? それだったら、ただの船で水上機に補給してからまた水上滑走で離陸すればいいんじゃない? とも思うのだが、わざわざカタパルト発進が前提となっている理由はちょっとわからなかったが、来たるべき大戦に備えて洋上での航空機運用のノウハウを集めたいという軍の思惑もあったのかもしれない。

そんなわけでルフトハンザは1905年に建造された旧式貨物船、ヴェストファーレン(Westfalen)を1932年に購入し、カタパルト船に改造する。
ちなみにこの船はルフトハンザに購入されるまでにちょっと変わった経緯があって、まず第一次大戦が始まった時にヴェストファーレンは南米チリに停泊しており、開戦と同時に中立国の権限で抑留された。
戦後、ヴェストファーレンは戦勝国のイギリスに賠償として引き渡されるはずだったのだが、1920年になって、同様に南米で抑留されていた他5隻と一緒にドイツに返却された。これはなんでかと言うと、戦前にダンチヒ港で建造していた「SS コロンブス」という客船があったのだが、80%完成したところで戦争が勃発、戦争中はずっと放置されていたのだがこれをイギリスが戦後買収として接収、それを海運会社、ホワイト・スター・ラインが戦時中の船舶の損失を埋め合わせようと購入した。
で、さぁ、残りの20%を完成させてください! と造船所に言ったところで、ドイツ人にしてみればこないだまで敵だったイギリス人のために船なんて作ってられっか、と全然建造が進まない。
困りきったホワイト・スター・ライン幹部はイギリス政府にかけあい、最終的にSS コロンブスを引き渡してくれたら代わりに南米で抑留されてる旧式船6隻を返すよ、とイギリス政府からドイツ政府に申し入れがあり、ドイツ側がこれを受けいれて責任もってSS コロンブスを完成させることとした(そもそもダンチヒは戦後「ダンチヒ自由市」になっており、ドイツ政府に交渉権はなかったがコロンブス欲しさに有耶無耶にされた)。
この協定でSS コロンブスは無事完成後イギリスに引き渡され、「RMS ホメロス(RMS Homeric)」となり、その代わりにヴェストファーレンはドイツに帰ってきたというわけだ。
(その4に続く)



参考ページは最終回にまとめて掲載予定。
スポンサーサイト



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
おすすめショップ
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
製作進展中