D51 これまた唐突に完成。

と、いうわけで小学館入門百科シリーズの「紙工作ペーパークラフト入門」のD51も完成。
どーん。

D51_01.jpg D51_02.jpg

これまた何の脈絡もなく、唐突に完成しました。
すいません、写真が入ってたメモリーカードふっ飛ばしちゃったんです。

D51_04.jpg

もともと80分の1のHOスケールだったのを72分の1のミリタリースケールに拡大して製作したので連結器込みでの完成全長は約29センチ。いまさらながら、機関車ってのはでっかいんだなぁ。MODELIKとかAnswerの、25分の1ヨーロッパ標準軌機関車なんて作ったら大変なことになるぞこりゃ。

D51_03.jpg

おっ、かっこいいアングル。
巨大なテンダーが後ろにあるんで、後方視界はほとんどゼロ。ポーランドの機関車が妙な形にテンダーの上を窄めてまでして、後方視界をなんとか得ようと苦労している理由がよくわかりますな。

D51_05.jpg D51_06.jpg D51_07.jpg D51_08.jpg

細部。ほどよい省略が利いていて、意外と少ない部品で構成されてます。作例では展開図にない手すりが追加されてるんですが、今回はほぼ展開図通りに作成しました。
以前にも書きましたが、この展開図、部品の取り付け位置の指示が全くないので一部の部品取り付け位置はぶっちゃけ想像です。
あんまりにも製作に時間をかけたもんだから、全部同じ紙で組み立てたのに途中で紙が日焼けして部分ごとに微妙に色が違っちゃいました。とほほん。

作ってみて驚いたのは、思っていた以上に作図が正確なこと。ホイホイと0.05ミリの精度で線が引けるデジタル作図とは違い、手書きでこの精度の展開図を書くのだから、昔のペーパークラフト作家の技術ってのは本当に凄かったんだなと思い知らされます。さすがに蒸気ドームみたいな複雑な曲線部品は無理がありましたけれども。

そんなわけで、最初と最後しかなかった製作記でしたが、それでも閲覧くださった全てのお客様と、この展開図を40年以上前に描かれた松田博司氏に感謝いたします。ありがあとうございました。
松田博司先生、30年かかりましたが自分のペーパークラフト入門編はこれにて卒業ということでよろしいでしょうか。

おまけ。ハードディスクにちょっとだけ残ってた製作中の写真。

D51_10.jpg D51_11.jpg D51_13.jpg D51_12.jpg D51_14.jpg

このキットの最大の欠点が、左右で動輪の位相がずれていないこと。これじゃロッドが伸び縮みするたびにガッコンガッコンしちゃうぞ。でもこれをなおそうと思ったら全ロッド作り直しになってしまうので、気が付かなかったことにしました。

さて、今週末は毎年恒例の静岡ホビーショー。今年も相互リンクして頂いている紙模型静岡工場管理人ナオさんのご厚意により静岡ホビーショー併設の第27回モデラーズクラブ合同作品展にサークル ペーパーモデル工廠の一員として拙作を展示させていただきます。わーい。
今年は、Ba-27とこのD51、あとは山の賑わい的に過去作を2~3点持ち込ませていただく予定です。
会場までお越しの方いらっしゃいましたら、当日もよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

D51 台枠の制作。

どもー。腹痛から復活して工作してます。

20150625_1.jpg

で、いきなり超ロング消しゴムみたいな写真ですが、D51の台枠。完成すると隠れちゃうんで、大胆に箱型にディフォルメされてます。少し軽め穴を開けても良かったかも知れんですね。

20150625_2.jpg

先輪、動輪、従輪を取り付けるとこんな風に。この展開図、動輪のフランジがすごく大きいんですが、平面に置いた時に先輪、従輪も接地するように高さ揃えちゃったんで、レールに置くと動輪がレールに触れません。とほほん。この辺はどう展示するかも含めて計画的に考えないとダメですね。

20150625_3.jpg

シリンダーブロック。ちょっと左側のピンが曲がってますな。ちなみに、最初に作ったシリンダーブロックはランボードと思い切り干渉して取り付けられなかったんで一回作りなおしてます。この展開図、部品の取り付け位置の指示が全然ないので現物合わせなのよ……

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

D51を作る。

どもー。
ホビーショーが終わって一ヶ月、そろそろ新しい制作記事を書くですよ。とは言っても、以前からちょこちょこと進めてはいたんですがね。
前回のI-16がリハビリのつもりだったのに、いつも作ってる戦車よりも余計に大変だったんで、今度はよりプリミティブに、原点回帰ってことで狭義のペーパークラフト、ホワイトモデルをやってみようかと。
表題にあるホワイトモデルのD51と言うと、摺本好作先生の「切りぬく本 日本の蒸気機関車」が定番中の定番ですが、今回はこちら、

20150617_1.jpg

小学館入門百科シリーズの「紙工作ペーパークラフト入門」(松田博司著)から、

20150617_2.jpg

この本のトリを飾るD51ホワイトモデルを作ってみようかと。
摺本先生のD51と良く似てますが(同じ機関車を模型化したんだから当たり前か)、全くの別設計です。あと、この写真は掲載されてる展開図のままじゃなくて手すりなど一部ディティールアップされてます。ずるーい。

この本は昭和51年初版だから展開図が書かれたのはだいたい40年前。ちなみに自分が持っているのは昭和53年の第4刷。たしか兄の持ち物なんじゃないかな、もともとは。
表紙写真を見てわかる通り、基本的には「ペーパークラフト」というより「紙工作」といった感じの、シンプルで大胆な構造の展開図が多い中、なぜかこのD51だけ唐突に超高難易度。不器用だった自分は兄にねだっていろいろ作ってもらった覚えがあるんですが、それでもこのD51だけは依頼さえしなかった気がします。子供心にも頼んだらホイホイ作ってもらえるような内容には見えなかったんでしょうな。
ちなみにこの本は切り抜く本ではなくて、展開図をトレーシングペーパーで他の紙に転写して作成する形式です。

20150617_4.jpg

中身はこんな感じ。ただでさえ30年以上前の本な上に、何度も繰り返し読んだもんだからボロボロ。
少し成長して兄に頼らずとも自分でも簡単な展開図なら組み立てられるようになってから、何度かD51に挑戦した覚えがあるんですが、毎度途中で手に負えなくなり断念。「いつかはこのD51が作れるようになりたい」と思ってすっかり忘れてたんですが、本棚から出てきたんで今こそあの日の思いを形にしてやろう、ってわけでさぁ。

20150617_3.jpg

で、取り込んだついでにスケールをオリジナルの80分の1からミリタリースケールの72分の1に拡大、紙が黄ばんだりシミができたりで状態が良くないので線を抽出して、少し整えてみました。なんかこんなんしちゃうと、オリジナルの味がなくなっちゃいますね。とほほん。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード