Modelik Su-76i、いきなり完成!

突然ですがSu-76iが完成しました! わーわー

Su-76i_1.jpg Su-76i_2.jpg

いや、「わーわー」じゃないよ全く、去年の年末から全然進展の記事ないかと思ったら、いきなり完成かよ。そういうのは「製作記」って言わないだろ。しかも「完成」とか言ってるわりに、左舷の履帯が長さ足りてないし。
すみません。本当反省してます。次回作はもうちょっとマジメに記事書きます。
なんとかして静岡ホビーショーに間に合わせたかったんです。履帯が間に合ってないけど、これはこういう情景だってことにしてください。そのうち継ぎ足してつなぎます。

Su-76i_3.jpg Su-76i_4.jpg

鹵獲三号戦車の車体にソビエトが勝手に戦闘室を乗っけたという独ソハイブリッド戦車のSu-76i。
長年、「ジャーマンタンクス」に載ってる絵みたいな修正写真一枚しか資料がなくって個人的に「謎の車両」だったんですが、こうやって立体にして目の前に置くとなかなかこれでまとまりがいい。
まとまりがいいようで筒抜けの主砲基部を守るために滅茶苦茶手抜きっぽい防盾(照準器用の切り欠きがまた姑息)がうすらずぼーんと突っ立ってたり、ちゃんと設計されてるんだか手抜きなんだかわからないのがSu-76iの魅力。
ちなみに写真中に赤い点が飛んでるのはただのデジカメのドット欠け。

Su-76i_5.jpg Su-76i_6.jpg

角度によっては、後年のソビエト空挺戦車ASU-85を彷彿とさせるスタイル。前照灯なんかは三号戦車のものと全く違うので、もしかすると電装系はソビエト側で作り直してるのかも。
トーションバーサスペンションみたいな片持ち式の転輪をキチンと一列に並べて制作するのは至難の技で、やっぱり波打っちゃいました。この辺は、なにか新しい技を考えないと。
ちなみに紙模型静岡工場のナオさんオススメの、「瞬接補強技」をサスペンション付け根に使ってみたんですが、足回りがカッチリ固まっていい感じ! 木工用ボンドだと、どうしてもちょっとしたはずみで紙が剥離してヘタリこんじゃうんですよね。

Su-76i_7.jpg Su-76i_8.jpg

車外装備品がジャッキとワイヤーカッターしかないってのも、なんだか妙。それでいいのか。ワイヤーは園芸用1ミリアルミ線。呉竹の筆ペン「筆日和」の「鶯緑」って色がいわゆるModelikグリーンのタッチアップにちょうどいい色でした。

途中から全然制作のレポートやってませんでしたけど、総評としては極端な破綻や部品不足もなく、大きなストレスなく組むことができました。とても楽しかったです。
ただし、組み立て説明書が組み立ての順に並んでない「クローズアップ」方式なんで、手順を良く考えないと主砲基部を先に取り付けたせいで主砲が車体に組み付けられない、なんて惨事になりかねないので注意が必要。
自作履帯はWaldemar Rychard氏設計の3/4号戦車なら全部はまるはずなんで、入用の方いたら展開図お譲りします。また、Su-76i作るという方いましたら、使い残した予備領域もお譲りできますんで御連絡ください。

それでは、最後となりましたが恒例の挨拶。
このキットをデザインしたデザイナーのWaldemar Rychard氏と当製作記を閲覧くださった全てのお客様に感謝いたします。次回はもうちょっとまともな製作記書きます。
どうもありがとうございました。dziękuję!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

SU-76i 車体後部の組み立てが進みました。

どもー。
先週末はダウンしちまいましたんで、その代わりってわけでもないですがこのところサボってた水曜更新を久々に復活させるでやんすよ。なんと一ヶ月ぶり。

20131204_1.jpg

とりあえず、バラバラの部品だった排気管周りとか牽引基部とかをガッチリ接着してみたですよ。
車体後端下部のメッシュ部分はこのキットでは見ての通りのテクスチャ表現。ここをメッシュに置き換えるのも3号戦車のキットでは定番のディティールアップ。

20131204_2.jpg

わっはっは、あれだけ苦労した排気管が全く見えないぞ!
いや、三号戦車の制作経験がある方なら、途中でこのオチは見えていたんでしょうけれども、こんな板がつくなんてすっかり忘れていましたわ。っていうか、この板はなんのためにあるんだろう……
でもいいんだ。一生懸命に曲がったパイプを作ったのは、今後、船を作る時の通風筒の練習をしたんだ。いいんだ、いいんだ。全然悔しくなんかないよーだ。

20131204_3.jpg

で、ひっくり返ってた車体を戻すとこんな感じ。
改めて見ると通風口カバーが意外と良い感じだわね。
後はケーブルが置いてあるのを作ったら予備燃料タンクを取り付けないと。
そろそろ足回りの準備もしないといけないし、今年中にどこまで進むかな?

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

SU-76i  やっと排気管がどうにかなった。

どもー。Su-76iを作るといいながら、その実態は延々と排気管の残骸を作り続けるというひどいブログもあったもんですが、ついに完成しましたよ! 排気管が!

20131030_1.jpg

結局、根元だけ一枚紙を巻いて太くすることで辻褄を合わせるという、強引な解決法に。

20131030_2.jpg

えらいピンボケですが、パイプ分を切り欠いたタイコ側面と組み合わせまして、周囲に幅の広いベルトを巻くと、

20131030_4.jpg 20131030_3.jpg

排気管の出来上がりだよ! ビバ!
まぁ、ちょっと強引な部分もあるんですが、ここはこれで一つ穏便に。

そんなわけで、版抜けから始まった排気管の大冒険、なんとか一件落着であります。
もし、Su-76iを作ってるけど3.5ミリ径ワイヤーが手に入らずに困ってる、という方いらっしゃいましたら展開図お分けします。いらないか。

ところで、展開図をいくら探しても28bのパーツが見当たらないんですが、ぼくの28bを持ってっちゃった人は返してください。あれないと困るんです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

SU-76i  排気管をどうにかするつもりがどうにもならなかった

どもー。空き時間使ってSu-76i作ってますー。
本日も諸般の事情であっさり目の内容で。

構造的にどうにも無理なのよ、というわけで頓挫した排気管ですが、細ーい枠を残して穴を開けるってのが無理なのでいっそ穴の径を広げて構造の一部としてみたらどうよ、というわけで管を太くして展開図を引き直してみました。
こんな感じで管がタイコ側面の一部を受け持つ感じっすね。

20131024_1.jpg

これで組んでみたところ、そりゃもちろん組み立てることはできましたさ。そういう風に引き直したんだから。
でも、それでホクホクして車体に取り付けようとしたら、車体側の穴に対して管が太すぎて入らないでやんの。ぎゃふん。
位置的に穴の方を広げることもできず、角度が微妙についているんで管の方を切ってごまかすこともできず、またもや失敗。

20131024_2.jpg

そんなわけで、いまや作業台の片隅に排気管の残骸が山積みに。どこのスクラップヤードだ。
さぁ、改めてどうすんのよ、これ。

20131024_3.jpg

おまけ。
排気管があんまりにもうまくいかないもんだから、反動でこっちが進むのよ。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

SU-76i  排気管をどうにかする・1

どもー。
突然の海軍建艦計画の煽りをくらって割り当て時間が減った我がカードモデル陸軍なわけですが、もとはと言えば排気管のページが豪快に版が抜けてて色がついてないのがつまづきの原因でして、これをなんとかせにゃあならんわけですよ。

20131009_1.jpg

で、困った時のメタセコ頼み。
「別に色が抜けてるだけなら、取り込んで適当に色着ければいいんじゃない?」ってな気もするんですが、実は排気管の管の部分が、キットでは「3.5ミリの針金で自作しなさい」となってまして、ところがうちの近くのホームセンターにはそんな太さの針金売っちゃいねぇんすよ。
そんじゃ、排気管もこのさい作っちまうか、というわけでこういうことに。

20131009_2.jpg

そして、展開図にしたものがこちら。
見た感じは良さそうなんですが、問題は左下の消音器側面のパーツ。消音器部分はキットのままの構造で、管が入る穴を開けるんですが、穴の直径が3.5ミリよ、あぁた。この穴の外周、1ミリもないって。
いくつか仮組みしてぶっ壊した結果、出た結論は、この構造は不可能! 少なくともわしの技量では不可能!
さて、再びどうしたものやら……

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード