PZInz140(4TP) 、完成!

ビバ! 春から作り始めたMalyModelarzの4TP試作軽戦車、完成です!

4TP_1_20120831013738.jpg4TP_2_20120831013737.jpg4TP_3_20120831013736.jpg

おお、完成してみると、これはこれでなかなか立派だぞ!
それはそれとして、砲塔の天井にハッチがないのはやっぱり変だと思う。あと、前面装甲にスプラッシュガードがないから、車体前面に機銃掃射を受けると滑った弾が全部操縦士前面の装甲に当たってたまらんね、こりゃ。

4TP_4.jpg4TP_5.jpg4TP_6.jpg

真横から見ると、見事にピラミッド型。このサイズに車両をまとめようとすると必然とそうなるのかも知れんですけど、車体横にエンジンが置いてある辺りなんかはソビエトの軽戦車っぽいですね。
砲塔の下には厚さ1ミリぐらいの分厚いスペーサーが入ってるんですが、写真なんかを見ると実車の砲塔はペッタンと車体上面に乗ってる感じなんで、このスペーサーはない方がいいかも。
それにしても開口部の少ない車両だなあ。

4TP_7.jpg4TP_8.jpg

最後は大きさ比較のために日本軍一式中戦車と仲良くパチリ。夢の日ポ共同戦線ですよ。
こうやって見ると、意外にも作ってる時のイメージほど小さくないですね、4TP。

思い起こせば最初にキットにハサミを入れたのが3月の下旬。完成まで5ヶ月かかってますが、制作開始のすぐ後に本職の方で開発室に連続カンヅメだったんで、実質2月半ほどは触ってない計算になると思います。
そんなわけで、制作期間はだいたい3ヶ月弱といったところ。一式中戦車を1年半作ってたわしにしてはあっという間の完成ですな。本職の方が一番シンドイ時期にもちょこちょこと制作を進めていたので、なかなか愛着のある一輌に仕上がりました。
キットは、履帯が難物で作りなおしたのと、戦闘室の高さがなんだか怪しい以外はけっこう問題なく組みあがりました。排気管ぶっ壊して作りなおしたけど。後は、ちょっと紙質が硬いのに要注意といったところ。総評としては、作って楽しい満足のいくキットでした。
もし、自分もMalyModelarzの4TP作るよ! という方がいらっしゃいましたら、履帯展開図と余った予備領域をお譲りしますので御連絡ください。

最後となりましたが、このキットをデザインしたデザイナーのPawel Mistewicz氏と当製作記を閲覧くださった全てのお客様に感謝いたします。
どうもありがとうございました。dziękuję!
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

PZInz140(4TP) 、小物の組み立て2。

排気管のパーツぶっ壊してしばらく中断してた4TP、いよいよ最後の小物を組み立てたですよー。

20120829_1.jpg

まずはその排気管から。
もとの展開図では、排気管本体の前後にただの筒を横向きにテケトーに接着するだけ、という構造でどう見ても管がつながってないので90度に曲げて本体につながるようにして、ついでにガスケットを挟むっぽい板も追加してみました。
とは言っても、自作のT-26のマフラーの流用なんですけどね。

20120829_2.jpg

わーい、組み立ててみたら、毎度のことだけど全然見えないぞー。
この金網部分をちゃんと金属メッシュに置き換えれば、少しは見えるようになりましたね。あと、アップで見ると触りすぎて表面がちょっとケバ立ってるのが見えちゃいました。
よく考えたらこの戦車、燃料類の注入口がどこにもないぞ。

20120829_3.jpg

それから、車体前部にホーンを接着。わしは、完成しても見えちゃう細かい部品の裏側をわざと塗らないことで「これは紙なんですよ、その証拠に印刷面の裏側は真っ白でしょ」と自己主張するのも好きなんですが、このホーンの中はちょっと白が目立ちすぎてしまいました。
と、言うか、このホーン、ちょっとオーバースケールですな。ドデカホーン。←It'a SONY

20120829_4.jpg

最後はいまいちピントがずれてますが、車外装備品のスコップとバールのようなもの。
実車の4TPは主武装さえ間に合わずに試作車両には装備されていなかったのに、車外装備品は位置がカッチリ決まっているのもなんか変な感じ。
ちなみにスコップの先端を止めているポケット状の止め具は、キットではなぜかスコップの先と同じグレーだったんですが、それじゃ変なんで車体色の予備領域から切り出して置き換えました。

と、いうわけで小物の組み立ても終わっていよいよ完成! というところでもったいつけて今日はここまで。
帰り際に上司に捕まらなければ、明日には嬉し恥ずかし、完成品大公開の予定です~

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

PZInz140(4TP) 、小物の組み立て。

どもー、お久しぶりですー。
本当は水曜か木曜に更新する予定だったんですが、本業で毎度おなじみのバージョンアップからの不具合発生、なおるまでカンヅメの黄金パターンにガッチリはまってやっと帰ってこれたところでごじゃいます。
でも、4TPの小物作りはカンヅメ前に進めてたんで、かるーく報告を。

20120812_1.jpg

まずは前照灯。ちょっと前屈みに見えるのは写真が傾いてるから。
まー、なんとも首の細いライトだこと。こんなの、なんの支えもなしに作ったら絶対にうまくいかないんで、0.2ミリの真鍮線を中に入れて、車体に開けた穴にさしてあります。この手の接着面が激狭で頭でっかちなパーツには散々泣かされたので、ちょっと成長しましたのよ。レンズ部分には軽く湾曲させた円盤のパーツを自作して貼っても良かったですね。

20120812_2.jpg

車体の後ろへ回って、こちらは尾灯。信号機みたいな大げさな日除けが目立ちますが、尾灯に日よけがついてるのなんて初めて見た。夜間に上空から尾灯の光を発見されないための工夫かとも思ったんですが、戦前にそこまで気が回るのはちょいと早すぎる。それ以前に、前照灯は防空措置皆無なんだから尾灯だけやっても仕方ない。
と、なると、直射日光の下で一列縦隊で進んでいる4TP戦車隊の末尾車両が、前の車両が「と・ま・り・ま・す」のサインを出してるのに気が付かずに追突してしまうという未来予想図を恐れて日よけをつけたのか。
ちなみにこれまた首がとっても細くて危ない感じの構造なので真鍮線入れてあります。

20120812_3.jpg

で、今度は上に登って、砲塔のペリスコープ。
だと思うんだけど、車体操縦席のペリスコープとあまりに形が違うぞ、これ。
そもそも開口部がどこにもないし。
ひょっとして、4TPの実車って非武装だったから砲塔に人が入ってなくて、それなら砲塔ペリスコープもいらないじゃん、と取り付けずに蓋がしてある状態なのかも。
あと、このパーツの構造って裏打ちして厚みをつけた円盤の周りにベルトを巻く方式なんですが、これぐらい小さい部品だとベルトでリングを作って、その上に裏打ちしない円盤を乗せて接着した方が仕上がりが綺麗ですね。
なんか押しボタンみたいになっちゃったよ。

20120812_4.jpg

おまけ。砲塔を車体と別に写真を撮ろうと思ったら、旋回軸が出てて平らな場所に置けないんで、テケトーに台になるものを探しているうちに35分の1のBTの車体に乗っけておけばいいや、とやってみたら妙にバランスが良かったんで全体像を撮っておきました。
うん、なんかハンガリーかスウェーデンあたりの戦車みたいだ。でもさすがに水冷機銃が太すぎるか。
そんな余計なことをしてますが、それでも4TPの制作もそろそろ大詰め。蛍の光が流れ始めた感じです。
よろしければ完成までもう少し、お付き合いくださいませ~


テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

PZInz140(4TP) 、履帯が完成!

さて、先週末はやっぱり帰れなかったんですが、「納期を来週日曜まで伸ばすから、これこれを足してよ」という先方からの依頼を「まっぴらゴメンでございますのよ(意訳)」と突っぱねて、今週末は工作の予定。でもこの季節は暑くて進まないかなー。

20120801_1.jpg

と、言いつつもワッショイワッショイ作ってた4TPの履帯が完成!
せっかく両方履かせてご機嫌だったのに、写真がモワモワにモワレててがっかりしょんぼりですよ。
でも、おかげで正面装甲に歪みがほとんどないことがわかったぞ。ポジティブにポジティブに。

20120801_2.jpg

反対側はそれほどタルまなかったんですが、同じコマ数で組んだこっち側はなぜか反対側よりタルんタルん。なぜだ。
ちなみに砲塔を外してるのは、これぐらいの段階になると、砲塔を載っけた写真を見るとなんだか完成しているような気がして進展が滅茶苦茶遅くなるという悪いクセがあるから。しかし、砲塔を外すと戦車というよりもサンダーバードの秘密メカみたいな姿だな。

20120801_3.jpg

さりげなく車体上面の放熱口のルーバーも組んでみましたのよ。
ところが、このルーバー、どういった角度でどれぐらいのピッチで板を並べるのかなんにもガイドがないんですな。
仕方ないんで目分量で並べたら、写真の状態で板終わっちゃった。ぎゃふーん。

20120801_4.jpg

しょうがないから予備領域から切り出して水増しした板を並べてなんとかカタチに。なので、よく見ると写真右上3枚だけ、微妙に色が違いますな。
それはそれとして、なかなかルーバーがごきげんに仕上がったのをいいことに、この後排気管を組み立てようとしたら円筒に巻くのに失敗して部品ぶっ壊しちゃった。紙が硬いのよ、このキット。仕方ないから、排気管も自作だ。

そんなわけで、ゴキゲンだったりションボリしたりを繰り返した今週でしたが、いよいよ4TP制作も大詰め。あとは排気管とか車外装備品などの小物だけとなりました。
よろしければ完成まで、もう少しだけお付き合いを。
それでは、8月もよろしくお願いししますー。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

PZInz140(4TP) 、今度こそ履帯の組み立て。

さて、前回スプロケットの歯と全然ピッチが合わなくて大騒ぎした4TPの履帯ですが、キットのものをスキャナで取り込んで110%引き伸ばし、ついでに陰影なんかもつけてみた半自作履帯を履かせてみましたよん。

20120726_1.jpg

ずどーん。
うん、これはこれでなかなか良い感じにまとまった、と自画自賛。なんか波打っていた転輪も履帯に接着してピッシリ一列に並びました。

20120726_2.jpg

わしが戦車を作ると履帯はいっつもタルンタルンに弛んでいるんですが、今回は弛み控えめ。実は前後をつなげて輪にした段階ではなんとなくあまり気味で、もう1コマ詰めてもよかったかなーと思っていたんですが、きちんと起動輪、遊動輪に巻きつけたらいい感じの弛みになりました。あと、けっこう凝ってるサスペンションはやっぱり全然見えなくなりましたとさ。

20120726_3.jpg

軌道輪の軸にぴんとがあっちゃったクローズアップ写真。海外の作例ではなぜか履帯を逆向きに履いてることがあるんですが、正しい向きはこっちのはず。ちなみにキットの履帯はただのベルトの内側にセンターガイドを並べるだけだったんですが、せっかくなんで滑り止めっぽい棒を1コマ1枚づつ追加してみました。ちょっとはメリハリついたかな?

そんなわけで、いよいよ完成間近となった4TPですが、今週末は本職の方でバージョンアップの作業が入ってるんで、週末は帰宅できないと思います。すんませんが、来週半ばぐらいにはまた4TPのことを書いてると思うので、よろしければまた覗きに来てやってくださいな。
いよいよカードモデルの大敵の湿気と暑さの季節となりますが、皆様体調には十分にお気をつけ下さい。
それではまたー。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード