リンク紹介・「Z notatnika PGiN. 」様

カードモデルはチェコ、ウクライナ、ロシアなどでも盛んなホビーですが、やっぱり本場はポーランド。そんな決めつけに異論や反論、オブジェクションのある方もいると思いますが、今回はカードモデルの暫定本場ポーランドのブログとまさかの相互リンクのお報せ。まじかよ。そしてオブジェクションってなんだ。

ワタクシゴトになりますが、ブログを初める前から Paper Modelers という海外のフォーラムに出入りしてました。ここは世界中のカードモデラーが集まってテクニックや新製品の情報やレビュー、制作記、さらにはオリジナルキットのデザイン技術などの情報を交換するフォーラムで、あのころは(今になって思えば探し方が悪かった気もするんですが)まだ日本語で読めるカードモデル情報が少なくて、せめて英語ならポーランド語やチェコ語よりは理解できるだろう、と参加してみたんですな。
参加はしてみたものの、右も左もわからずにウロウロしてる変な日本人に声をかけて下さったのが、今回紹介するブログの管理人 Krzychu74氏。いろいろカードモデルやデザインの事を教えてもらったんですが、Paper Modelersの方はわしが本業立ち行かなくなった時期に疎遠になって、そのままフェードアウトしてしまいました(まだアカウントは持ってて、閲覧だけしてる)。

そして今回、まさかの日ポ相互リンクとなったのが氏のブログ「Z notatnika PGiN. (「PGiNのメモ帳」)」。「PGiN」というのは「Projektant Gnuśny i Nieużyteczny」の略で、直訳すると「ずぼらなボンクラデザイナー」ぐらいの意味。わしが言ったんじゃないよ、そういうタイトルなんだよ。
実際には「ずぼらなボンクラ」なんてのはあまりにも謙遜した言い方で、氏は興味深いアイテムを素晴らしいクオリティで次々に立体化してます。
Paper Modelersのおもしろいところは、ecardmodels.com というショップサイトが併設されているところで、フォーラムで完成した自作キットに値段を付けて販売できるんですが、そこで公開されているKrzychu74氏のキットをいくつか紹介。

まずは氏の記念すべきecardmodels.comリリース第一号、1/50 川西 E8K1 八試水上偵察機

kawan cover 068.jpg

第一作目で日本海軍水上偵察機、しかも普通、「八試水上偵察機」って言ったら、後に九五式水上偵察機になる中島のE8Nを思い浮かべる所を、中島に競争試作で負けた川西の八試水偵を持ってくるあたりに只者ではない貫禄十分。それにしても1/50というカードモデルでは「ミニスケール」と言っていいサイズでこのクオリティは凄い。後席の機銃とかどうなってんだ、これ。

本人に確認取ったわけじゃないんですが、どうもこの時期、氏は戦前の日本海軍機に凝っていたようで、他にも1/50 三菱八試複座戦闘機(英語資料では「Ka-8」と呼称されている)とか

mitsubishi_ka_8_cover.jpg mitsubishi_7.jpg

日本海軍唯一の三葉機、1/50 三菱 1MT1N 十年式艦上雷撃機なんていう、日本人でもよく知らない機体をリリースしています。

mitsubishi_1mt1n_cover.jpg Mitsubishi_1MT1N_4.jpg

どいつもこいつも、空母赤城の三段飛行甲板に並べたい感じの粒ぞろい。

そうかと思えば、その合間には「あ、ポーランドでもウルトラマンタロウって放映してたんだ」と思ったらユーゴスラビアの試作無尾翼ジェット機だった 1/50 イカルスP-453 MW なんていうカッコイイにも程がある試作機とか、

ikarus453cover.jpg ikarus_09.jpg

イタリアの試作無線誘導自爆機(目標に進路を取ったら、パイロットは脱出する) 1/50 Aeronautica Lombarda A.R.なんていう、珍しすぎてオナカ痛くなってくる感じのアイテムもリリース中。

aeronautica_cover.jpg aeronautica_5.jpg

ダメだ、オモシロ過ぎてこのままじゃ全部紹介してしまう。
ちなみに紹介した機体はどれもお値段4ドル。ダウンロードのみでの販売となっています。

最近ではガラリと方向が変わって、20世紀初頭の貨物船とか、現代の貨物船とか、氏のところに空前の局地的貨物船ブームが来ているようでして、リンク先でも現在の開発状況がアップされております。

と、いうわけで記念すべき当ブログ初の海外との相互リンクはポーランドのフリーデザイナーKrzychu74氏のデザインブログ。さらにホットな話題はGoogle+の方で更新中。
ポーランドをカードモデルの本場と認める人も、認めない人もおしなべて認めざるを得ない、いろんな意味で素晴らしいデザイナーの制作メモブログ、写真を見るだけでも楽しいのでオススメです! polecić!

*画像は全て ecardmodels.com からの引用。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

リンク紹介・「広島県買取・やかた」様

今の我々を取り巻く状況を省みるに、不足しているものは何か?
それは相互リンクである!
カードモデラーは相互リンクによって失うべきものを何も持たない。まぁ、そりゃそうだろう。
そして彼らが獲得するもの、それは世界である。
万国のカードモデラーよ団結せよ!

と、言うわけで久方ぶりにリンク増強ですよー。おーいぇー
今回相互リンクを結んでいただくのは京都祇園の骨董街に美しい店舗を構える「やかた」様。うちのブログはふざけてますが、やかた様はいたって真面目な古美術のお店。右側のリンクコーナーから飛んでいただければ、店舗に並ぶ職人達の見事な細工の数々を写真で見せていただくことができます。
ほら、カードモデルをやってると、艦船のキットを作ろうと思ったが工作する場所がない。仕方が無いので、実家の土蔵を整理して作業場に改造しようと思ったら古い鉄瓶やら火鉢やらがゴロゴロと。そんなこと、良くあるよネ!
おっと、慌てて清掃業者なんて呼んじゃいかないZO☆ミ そんな時は「広島県買取・やかた」様にすぐTEL!
ごめんなさい、これ以上は無理です。
うちに土蔵なんてないし。

いや、今回の相互リンクは やかた様からコメント欄で提案をいただいたのですが、早速に やかた様のページを拝見させていただいた時は、絶対に他のブログ、例えば「カードモデル? それはさておき、古美術始めました」みたいな、名前がよく似たところと間違えてコメント送っちゃったんだと思いましたとも。
しかし、きちんとご提案を拝読させていただくと やかた様のリンク集では「オリジナリティ溢れる素敵な“物”や、ご自身の素敵なライフスタイルを紹介されているブログ」を紹介しており、今回は「文化・芸術リンク集」の中の「楽しい暮らし」のリンク集の末席に拙ブログを加えてくださるとの嬉しいお話。
確かに会社の重役に「ゆりかもめが好きです。でも宗谷はもーっと好きです」って言っちゃうようなわしの暮らしが楽しいものであることは間違いないんですが、こちらも現在すでに登録されている先輩ブログの数々を拝見させてもらったら、皆様それぞれの道の求道者で、ブログも凄く立派なのばっかりじゃないですかーやだー。ひと通りをざっと見てこようと思ったのに、ちょっとカジッただけで凄い時間経っちゃうしー。
そんな錚々たるメンツの中で、ラインダンスに紛れ込んだ消火栓のように目立っている拙ブログではありますが、今回お言葉に甘えて嬉し恥ずかしリンク集に加えていただきました!

そんなわけで、今回はちょっといつもとは方向性の違うように感じる相互リンクとなりましたが、考えてみれば古美術もカードモデルも「細工」という部分では同じ。ってことにしてください。話がまとまらなくなるんで。
そう思えば、200分の1八連装ポムポム砲に匹敵する細かい細工の施された逸品の数々、逃すべきではないでしょう! 万国のカードモデラーは良い物を知るために今すぐ広島県買取・やかた様にアクセス!
また、家に古民具骨董が眠っている方、貴重な文物をうっかり雨漏りなんかで台無しにしてしまっては大変。関西圏なら やかた様 のお力で、逸品を後世に伝えてみてはどうでしょう!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

リンク紹介・「Hiroshi's お遊び Room」様

「インターネット」とかけて、「ゼルダの伝説」と解きます。その心は? どちらも「リンクが重要」です。
と、いうわけで1年半ぶりにリンク増強です! ヤァ!ヤァ!ヤァ! ←何かが訪れることに対する喜びを表す歓声。

今回、相互リンクを組ませていただくのは、ひろしさんの管理する「Hiroshi's お遊び Room」。
どのようなサイトなのか、四の五の無駄な言葉を並べるよりも、まずはこれを見ていただきましょう。
超すげぇ! 超すげぇ! 奥さん、HalinskiのT-34ですよ!
21世紀型カードモデルの扉を開いたのがHalinskiのTiger1、そしてそのジャンルを完成させたのがこのT-34であることは、わしの脳内の日本カードモデル学会が全会一致で認める点ではありますが、なにしろHalinskiの戦車シリーズは大作なんで日本では完成品にお目にかかる事は少ない。
それが、なんと詳細な制作レポート付きで拝めちゃうんだから、このブログを見逃したらあなた、絶対後悔しますよ! 仮面ライダーアギトの最終回を見逃したくらい後悔しますよ! あれって最後どうなったんだか、未だに気になってますよ!
さらに、戦車だけに留まらず、F1カー、ディズニーキャラ、ミレニアムファルコン号と幅広くジャンルを問わずひろしさんの技が炸裂するのを拝見することができるフォトチャンネルも見逃せません。

カードモデル制作だけには留まらず、フィッシングに、サイクリングに、と幅広い「遊び」の世界を見せてくださるひろしさんのブログ、衝撃のT-34の次に制作に入ったのは、がらりと趣を変えてチェコ・MEGA-graphicのBenetton Ford B190
ポーランド製カードモデルの製作記というのは日本でも少しづつ数が増えてきていますが、チェコ製キットはそもそも入手困難なこともあり、まだまだ極めて少数。
あの殺人的な密度の展開図が本当に形になるのか、新連載からも目が離せない「Hiroshi's お遊び Room」、これは掛け値なしに見逃せないブログです!




テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

リンク紹介・「OCEAN DOCKYARD」様

さて、四月に入ってますます絶好調、よく知らない事を得意げに喋りながらよたよたと全力疾走を続ける当ブログですが、このたび新たに「OCEAN DOCKYARD ~1/200 model ship builder~」様と相互リンクしていただけることとなりました! わーわー 喜びのあまり、滅多に使わない文字修飾ですよ。
「OCEAN DOCKYARD」管理人、azukenさんは1/200の大スケール艦船ラジコンをバルサ材などのマルチマテリアルで製作しており、カードモデルも資料として活用中とのこと。
第二次大戦艦艇の対空銃座の山を見ただけで知恵熱を出して寝込んでしまうという軟弱なわしが、艦船がばんばん組みあがっていくという、もう拝まずにはいられない「OCEAN DOCKYARD」様とリンクを組んでいただくきっかけとなったのは、なんと先日紹介したソビエト軍巡洋艦 Киров。ちょうど、「OCEAN DOCKYARD」様ではКировの準同型艦「モロトフ」を建艦中で、まさかのソビエト艦ネタのシンクロでお声をかけていただいた、というわけです。ネット界広しといえども、ソビエト海軍が取り持つ仲、というのはなかなかないはず。
azukenさんは「モロトフ」以前にもソビエトの大型駆逐艦「タシュケント」をRCで組んだことがあるというソビエト海軍好きなお方。ブログにもソビエト海軍に対する愛が溢れておりますが、さらにイタリア海軍ポーランド海軍もイケてしまう、という広い守備範囲をお持ちです。
当方、新製品紹介ではいつも「これは見逃せないだろう」とかテケトーな事書いてますが、イタリア艦やソビエト艦がazukenさんの見事な腕前で再現されるだけではなく、さらには波を蹴立てて走り回ってしまうという「OCEAN DOCKYARD」様、これは本当に見逃せないブログです!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

リンク紹介・「ピロリンの紙工作日記」様

ビバ! 主にわしが嬉しいお知らせ!
「製作レポートもするよ!」と意気込んだわりには、1年かけてマリモデの一式中戦車の車体が半分、完成したかも? という程度しか作っていない当ブログ。せめて弥勒菩薩様がやってくる前になんとか完成させよう、という心意気で頑張っておるわけですが、そんな当ブログが、このたびピロリン様の「ピロリンの紙工作日記」さんとリンクを結んでいただけることとなりました!
わ~い!

「ピロリンの紙工作日記」さんの見所は、その確実、かつ迅速にくみ上げられていく傑作の数々。
製作のジャンルは幅広く、アニメ、F-1、複葉機、戦車、攻撃ヘリとなんでもござれ。中でも今年6月に完成した戦艦「伊勢」とつい先日完成したMi-24D「ハインド」攻撃ヘリは製作の経過も多数の写真で紹介されており、実に読み応えあり。
しかも、次回作は、なんとHalinskiの200分の1、戦艦「扶桑」とのこと。
カードモデル界きっての大物と言えるHalinskiの艦船モデルがどのように組み立てられていくのか? その内容は? 構造は? と、まさしく目の離せない展開となりそうです。

そしてそして、さらにわしが嬉しい情報!
Halinskiのハインド攻撃ヘリを完成させた「ピロリンの紙工作日記」さん、なんと現在は当ブログ発の拙作 48分の1「BT-5」 を製作中です!
Wow! It's so coooooool!!
あまりの喜びに、思わずニセ外人のフリですよ。
Halinskiの攻撃ヘリの後では、どの程度、製作の楽しさを提供できるかわかりませんが、さっそく完成した砲塔はタッチアップも丁寧なさすがの仕上がり。
真打登場前の余興ではありますが、展開図が大したことないだけに、これはピロリン様のテクニックをじっくりと堪能できる機会となりそうです。

そんなわけで、これまでも、そしてこれからも見所満載の「ピロリンの紙工作日記」さん、ペーパークラフト/カードモデルのファンなら見逃せないブログです!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード