FC2ブログ

リンク紹介・「【週刊】戦艦ポチョムキンを作る【紙模型】」様

さぁ、日本カードモデル界の奔流の真っ只中に立ち尽くし、あわわ、あわわとキリキリ舞をして読者に爽やかな苦笑を与え続けている当ブログですが、本日、またも新たにリンクが追加されました! ビバ!!

今回、リンクを組んでいただくことになったのは「角材のヒト」さんが管理されている「【週刊】戦艦ポチョムキンを作る【紙模型】」様、タイトル通りにOrel社のキット番号33、戦艦ポチョムキンの製作に挑戦しようというブログです。
Orel社のキットは当ブログではキット番号43の「グラズダーニン」以降しか扱っていないので、キット番号33の「戦艦ポチョムキン」は、わしがいい加減な紹介記事を書き始める前のリリースになりますが、この「戦艦ポチョムキン」はもちろん、エイゼンシュテイン監督の映画で超有名な、あの「戦艦ポチョムキン」。ちなみにあの映画で艦の牧師が階段を転げ落ちるシーンはエイゼンシュテイン監督自ら演じてるそうです。なんでも、あの牧師はスタジオの庭師にメイクして演じてもらったものの、階段を転げ落ちるシーンをやらせるのは悪いだろう、ということで監督が代わりに転げ落ちたとか。
そんなどうでもいい情報じゃなくて、きちんと戦艦ポチョムキンの事を知りたい方は、「【週刊】戦艦ポチョムキンを作る【紙模型】」様へクリック&ジャンプ! 名前が「ポチョムキン=タヴリーチェスキー公」だったり、「パンテレイモン」だったり、「ポチョムキン=タヴリーチェスキー」だったり、「ボレーツ・ザ・スヴォボードゥ」だったりするこの艦の数奇な運命がわかりやすくまとめられています。

これまでOrel社のキットについてはわしが中を見たことがなく、当ブログも「表紙がかっこいい」ぐらいしか書く事がない、という新作紹介としてそれはどうなのよ、と言う感じでしたが、今回、「角材のヒト」さんの製作記によりOrel社の艦艇キットの雰囲気、内容が日本に紹介される事となります。これは、前ド級戦艦ファン、艦艇模型ファンとしては見逃せない内容となりそうです!

あと、「パンテレイも~ん、ツァーリがいじめるよ~ぅ」「仕方ないなぁ、プロレタリアートは。(ペカペカペカ)共産主義革命~~」というネタを思いついたんですが、使う機会がなさそうなのでここに書いておきます。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

リンク紹介・「紙模型静岡工場」様

昨年10月に藻屑船渠様、素人のペーパークラフト様と相互リンクを結んでいただき、華麗なアクセス倍増を果たした当ブログですが、このたびさらにもう一箇所と相互リンクさせていただくこととなりました! わーっ! パチパチパチ

今回、リンクを組むこととなりましたのは、当ブログコメント欄にも時々有り難いコメントを頂戴している「ナオ」さんが管理します「紙模型静岡工場」様です。
ナオさんは戦車系ペーパークラフトをインターネットで追いかければ必ず一度はお参りする、戦車ペーパークラフトの超重鎮集団、「ペーパーモデル工廠」さんのメンバーという「大」がつくベテラン。そういえば、自分も10年近く前にペーパーモデル工廠に影響を受けて72分の1でイタリア戦車M11/39のホワイトモデル展開図を描いたなぁ。でも描いた所で力尽きて試作もしなかったから、たぶん完成しないんだろうなぁ、アレ。

そんなうっとうしい自分語りはさておいて、紙模型静岡工場の見所は? と聞かれれば、これはもう「全て!」としか言いようがありません。
過去に作られたキット、自作モデル、現在進行形でのキット製作記(今はMODELIKのT-38水陸両用戦車を製作されています)、どこを取ってもベテランの技に満ちており、一枚一枚の写真が驚きと感心の連続です。
特に、黄色表紙時代のGPM製ドイツ軍4号対空戦車メーベルヴァーゲンの完全ディティールアップ完成品は驚きのクオリティ。たぶんキットの状態の展開図はこんな(写真は同時期のGPM黄色表紙「ドイツ軍装甲列車16号」より)だったはずなのに!

そんなわけで、陸モノ成分多目(特にソビエトもの)という点でも、当ブログ「カードモデル始めました」が登り始めた長い長い「カードモデル坂」ではるか上方を先行されている「紙模型静岡工場」様、オススメサイトです!
わしも置いていかれないように頑張って追いかけていきますよ~

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

リンク紹介・「素人のペーパークラフト製作日記」様

9月末まではどこにもリンクしていないインターネットの袋小路で、迷い込んだ御客様がションボリとブラウザの「戻る」を押すことで有名だった当ブログですが、先日の藻屑船渠様とのリンクに加え本日新たにドッペルさんの「素人のペーパークラフト」さんとリンクさせていただくことで、一挙に袋小路からY字路にジャンプアップですよ! いぇー

「素人のペーパークラフト」さんは製作レポートが主なコンテンツで、これまでに株式会社キヤノンさんの「帆船カティサーク」、「D51蒸気機関車」の詳細な製作レポートをアップされています。
「素人のペーパークラフト」さんのレポートの特徴として、製作ペースが安定しており日刊で進展がアップされていることが上げられます。製作レポートって、海外のサイトで「あっ、今自分が作ってるのと同じキットの製作レポートだ! 参考にさせてもらおう」と思って追いかけていると「週末に一気に作った」といって突然完成していてビックリというか、一番レポートしてほしかった部分があっさり飛ばされていてションボリ、ということがけっこうあるのでこれは意外と重要です。BT-5のデザイン経過の報告でもそうだったんですが、「今日は進展がほとんどないから目だって進展があったらアップしよう」とか思ってるとハッと気がつくと無茶苦茶進んでたりするんですよね。
また、単なるペーパークラフトの製作にとどまらず帆船、蒸気機関車などのメカニズムや部分名称にこだわっているので、「54を80に糊付け」みたいな無味乾燥な表現にならないのも楽しいですね。

そんなペーパークラフトのみならず、実物への興味までかきたててくれる「素人のペーパークラフト」さん、これからペーパークラフトを始めようという方にも「管理人ドッペルさんと一緒に作っている気分」でクラフト人生をスタートできるオススメサイトです!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

リンク紹介・「藻屑船渠」様

ビバ! インターネット!
と、いうわけで記事中を除き、どこにもリンクしていないことで「ネットをサーフしてたらここで波が途絶えて歩いて帰った」「ここはインターネットの袋小路」「ここの管理人は『ハイパーリンク』をSF用語だと一時期本気で思っていた」などと囁かれた当ブログですが、このたび「藻屑船渠」管理人の「藻屑」様からリンクの確認を頂き、それに乗じて相互リンクをさせていただこうと一念発起、このたびめでたくリンク開通と相成ったわけです。ひゃっほー

藻屑船渠さんはその名の通り、船舶のカードモデルを設計・公開されており、現在旧日本軍上陸用舟艇「大発動艇(14m特型運貨船)」が公開されています。
公開されている型紙は300dpiで印刷することで100分の1スケールとなりますので、マスターグレードのガンプラと組み合わせて「ガンダム、ニューギニアに立つ」のジオラマに設置したり、100分の1ミニチュアを使って遊ぶ「Flames of War」のコマとして使うのも良いでしょう。Flames of Warにはまだ日本軍コンポーネントが存在しないという問題はありますが、強い意志をもってすればそんなことは些細な障碍に過ぎないと思うがどうか。ダメか。
自分もチハ中戦車を作る時に100分の1版もリリースするので、Battlefront社の偉い人はこれを見ていたら日本軍コンポーネントも出してください。タイトルは「BANZAI!」で。
そしたら、藻屑船渠さんの大発やわしのチハ戦車(100分の1)が世界中で引っ張りだこになると思うのですよ。

そんな深夜のファミレスで小耳に挟むようなドリーム話は脇へ置いておきまして、大発動艇についてネットで調べたことをチョコチョコと。
大発動艇(略して「大発」とも)は、1925年に完成した初期型こそ単なる喫水の浅い平底船に過ぎなかったが1930年に登場した改良型は平たい船首を倒すとそのまま踏み板(ランプ)になる、という先進的なものでした。喫水が浅いので、砂浜に乗り上げて船首をパタンと倒せば下船の手間なしにそのまま上陸戦闘を開始できるってわけですね。この形式は第2次大戦の上陸戦では標準となります。(映画「プライベート・ライアン」のオープニングシーンが有名)
先進的なのはいいんですが、大発を開発したのって陸軍だったんですね。わしはてっきり海軍が上陸作戦用に開発したんだと思ってました。
ちなみに、のちに海軍も大発の機能性に着目し、「14m特型運貨船」として採用しています。仲が悪いことで有名な旧日本陸海軍で共通の装備というのはけっこう珍しいですね。

そんな時代を先取りした大発動艇がフリーで公開されている「藻屑船渠」、日本軍補助艦艇に興味をお持ちの方は今すぐジャンプ&クリック!
現在デザインが進んでいる戦時標準船F型の進展にも要注目です!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
おすすめショップ
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
製作進展中