本日更新休止のお報せ。と、通勤中に見かけたすごい船。

恐れながら今週も引き続き、本業多忙のため更新休止とさせていただきます。
一応、予定では次の週末で納品なんでいよいよゆっくりできる予定。でもなに紹介するかはまだ未定(韻を踏んだ)。

2週連続で「休止します」で話が終わっちゃつまらんので、通勤途中に見かけた船の写真を。

第八十八大栄号

どーん。
大分の「株式会社 ティ-・シ-ジャパン」が保有する「第八十八大栄号」。
でかい! とにかくでかい!
一見、クレーン船のように見えるけど(というか、実際クレーン船ですけど)本業は基礎の杭打ち。排水量3千トン、クレーンの腕(ジブ)は全部伸ばすと70メートル、吊り下げ荷重550トンという海の怪物。旋回式のクレーン部分が戦艦の主砲塔っぽくてこれまた大迫力ですが、よくみると青いクレーン操作室の前に、灰色の階段を登っていく作業員(白いヘルメット着用。前を行く一人は蛍光オレンジのベストを着ている)がいて、その大きさがわかります。
第八十八大栄号は去年の3月に就航したばっかりの新造船で、公式ページも「日本最大級の先進的最新鋭の杭打船」「世界無双の杭打船」と興奮気味。
後ろに写ってるタワーは船の科学館の旧展望レストラン(スマホのパノラマ機能で撮ったんでちょっと歪んじゃいました)。第八十八大栄号は新客船ターミナルの基礎工事のために召喚されたようです。
太っ腹なことに、公式ページでは第八十八大栄号のCADデータを公開しているのでカードモデル化も可能! 杭打船ファンのモデラーなら展開図作成に挑戦してみてはどうでしょう。このトラスのジブを作るだけで悟りが開けそうだ。
さぁ、オモロイもん見た勢いでラストもう一週間頑張ります!

*Jさん(Zさん?)、先日もコメントありがとうございます。
 大変励みになっております。

*3月21日
今日も(通勤ルートだからあたりまえながら)近くを通ったので撮り足してきました。

第八十八大栄号2

せっかくなんて、一段低い位置から。右側に並んでるのが基礎用の杭かな? 中空なのね。

第八十八大栄号3

南極観測船「宗谷」とのツーショット。画面左端の建物は警視庁湾岸署。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

本日更新休止のお報せ。

本日本業多忙のため、更新j休止させていただきます。
またのお越しを心よりお待ちしております。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

本日更新休止のお報せ。

本日本業多忙のため、更新休止させていただきます。
また、次週も成果物提出日直前のため更新は難しいかも、といった感じですが折を見てまたお越し頂ければ幸いです。
ちなみに次回については、今年に入ってからポーランドGPMが好調なので、GPMからなにかピックアップしたいなーとか思ってますがなにをやるかはまだ未定。ワルシャワの文化科学宮殿なんて、おもしろそうかも。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

本日更新休止のお報せ。

ソルフェリーノの紹介が途中だってのに、本日多忙のために更新休止させていただきます。
またのお越しを心よりお待ちしております。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

2016年もありがとうございました。

チェコのテレビ塔の話が途中ですが、気がつきゃいつの間にやら今年も残り数時間。なので、お先に自分の中で毎年恒例となっている年末の挨拶を先に。

まずは2016年の完成品。

20161231_04.jpg

MODELIKのBA-27。とにかく実車そのままに華奢な構造のキットでしたが、瞬間接着剤の力でなんとかカタチになりました。完成してみると、なんだかやたらカッコイイ気がしてくるから不思議。

20161231_05.jpg

もう一つ、「紙工作入門」のD-51。こちらは30年の試行錯誤を経てついに完成。小学館の「紙工作入門」、けっこう読んでた方が多くて、静岡では「あれを完成させたのか!」という反応をたくさんいただきました。

20161231_02.jpg

で、こちらは製作中のT-26の惨状。夏から秋には公開を~なんてあまっちょろいことを考えていたんですが、本業の方が久々に立て込んでしまってこのざまです。ほんとすんません。あとは足回りと車外装備品ぐらいしかないんだから、来年こそは!

20161231_03.jpg

あんまりにも悔しいんで別アングルからもう1枚。こっちは暗くなってから撮ったんでオレンジっぽいバランスになっちゃいました。

20161231_06.jpg

あと、細かい工作の時間が取れない時にはpaper-replika.comのRPG-7の本体作ってました。本体はだいたい仕上がって、あとは照準器周りの細かい工作。
今年は全然模型触ってないような気もしてたんですが、終わってみれば意外と工作してるなーと驚いてます。でも、もっともっと作りたいってのが正直なところ。ブルムベアとか、イタリアの高速巡洋艦とか、新しい方向の試作とか……うーん、全然製作時間が足りない! 春には一段落つくはずなので、静岡ホビーショーで一気に弾みをつけたいと考えてます。

さて、今年も2016年の勝手な総評を。今年も世界中の個人デザイナーは良キットをネットで発信/販売、大手ブランドは美しい印刷キットを順調にリリース中と、カードモデル業界に大きな動きはなかったかな、と思ってます。
一つ、特筆すべき嬉しい変化はチェコのインターネット環境が整ってきたこと。チェコのカードモデルはポーランドやウクライナとは違った路線なので、キットや情報が手に入りやすくなるのは嬉しい限りです。
いまや当ブログのメインとなっているキット紹介はスペインの装甲艦に始まりチェコのテレビ塔の途中で終わりましたが、来年もどんなキットが楽しませてくれるのか楽しみです。
2017年も全てのカードモデラーにとって実り多き年となりますように。
本年もありがとうございました。よいお年を!

おまけ。
新しい客船ターミナル建設のために場所を移動した南極観測船”宗谷”はお色直し中。地味にローラーでコロコロ塗ってました。
後ろに写ってるバカデカいクレーンは新ターミナルの基礎打ち作業用。
20161231_01.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード