Orel フランス装甲艦 "Solferino"(前編)

ここしばらく目の前数十センチのナイフの刃先がはっきり見えないな、疲れ目なんだろうか、と思っていたが弱い老眼鏡をかけたらスッキリハッキリ見えるようになってご機嫌な筆者のお送りする世界のカードモデル情報。
日常生活には差し支えなくても30代から少しづつ近くが見えづらくなってくるというので、どうも手元が少しぼやけるというモデラーは100円ショップのでいいので是非一度お試しあれ。「老眼鏡」というとちょっと抵抗があるかもしれないが、なーに、模型をやる時は倍率が非常に小さいルーペバイザーちょっと使うんだ、と考えれば全然自然なことだ。

さて、今回紹介するのはウクライナOrel社からの新製品、フランス装甲艦 "Solferino"だ。

file0_2017011516553600f.jpg

ほー、久々に帆船のキットですか。いや、よく見ると煙突が立ってるぞ、それにカテゴリは「装甲艦」??
これって、なんなのよ? と混乱する読者もいるかも知れないが、いないと説明することがなくなるので、いるという前提で進めよう。
この船、「Solferino」(ソルフェリーノ、1859年6月24日の「ソルフェリーノの戦い」にちなむ)はマジェンタ級装甲艦2番艦で1861年就航。1861年といえば日本ではまだ文久年間、まだまだ木造帆船が主流の時代にあえてスクリュー式蒸気推進と装甲化を試みた黎明期の中でも特に初期の装甲艦の一つである。

19世紀初頭、蒸気機関の実用化により社会は大きな転換期を迎えていた。とはいえ、もちろん世界の全海軍が船+蒸気機関=風と関係なく動ける最強軍艦! と、たちまち動力化したわけではない。なにしろ初期の蒸気機関は出力が不安定でいつ止まるかわからない。揺れる船上では液面が傾いて空焚きになって溶けちゃったボイラーもたくさんあったことだろう。さらに、食料さえ続けばいくらでも進める帆船と違って蒸気船は燃料がなければ進まないし、石炭はその辺の港でホイホイ売ってるものでもない(だから初期の蒸気船は帆走装備も完全に備えていた)。そして、蒸気機関はその不安定さに対してあまりにも大きく、あまりにも重かった。
また、当時の蒸気船の推進装置である外輪式では海戦時に敵船と向き合う側面に巨大な車輪を取り付けなければならないことも問題であった。これは、舷側に砲門をずらりと並べる当時の戦列艦の形式では攻撃力の低下を意味した。もちろん、敵に滅多打ちされる場所に見るからに華奢な感じの外輪があるというのもまずい。外輪船にはトム・ソーヤの冒険でおなじみの船尾式ってのもあるが、外洋に出る船であの形式を見ないので効率が悪すぎるのだろう。あと、日本までやってきたいわゆる「黒船」は外輪船だが、あれは外洋航海をメインにした船(フリゲート)で、主力艦同士の殴り合いに使う船ではない。
この問題を一挙に解決する新しい推進機関こそが、「スクリュー推進」だったのだが、これは各国の海軍でメチャクチャうけが悪かった。イギリスでは1837年、後にアメリカで装甲艦「モニター」を製作することになるジョン・エリクソンがスクリュー船を試作したが、海軍はこれを「ふーん」と無視した。
どうもスクリュー軸を通すために「船底に穴を開ける」というのが生理的にダメだったらしい。お風呂にニチモの戦艦沈めたことのあるモデラーなら、これには思わずうなづいてしまうことだろう。

イギリスでスクリュー船のアイデアが華麗にスルーされるのを見ていたのが、フランスから派遣されていた技術者、アンリ・デュピュイ・ド・ローム(Stanislas Charles Henri Dupuy de Lôme)であった。仮想的のはずなのに技術者が来てるって、フランスとイギリスってば仲がいいんだか悪いんだかよくわからん。「べっ、別にフランスに造船技術を見せてあげたいわけじゃないんだからねっ!」ってことか。
フランスに帰ったロームはイギリスでの見聞をまとめた結果、「これからの軍艦は鉄で装甲され、蒸気機関とスクリューで推進されるものとなる」と確信するにいたった。スクリュー船をあっさり無視したイギリスでいったい何を見てきたらそういう結論に至るのか不思議なぐらい的確な結論だが、どうやらイギリスでも保守的な軍人達とは別に技術者達はほぼ同じ結論に達していたようで、イギリスでも同時期に船とハシケの間ぐらいの装甲浮き砲台の試作は行われている。そして、イギリスがこの中途半端な装甲浮き砲台を試作したことが、フランスに対抗策として「装甲艦」を建造することを決断させた一因となったというのだから、皮肉なものだ。

1850年。ロームは蒸気艦「ナポレオン」(Le Napoléon)を竣工させる。

800px-TheNapoleonAtToulonIn1852ByLauvergne.jpg

主力艦としては世界初の蒸気推進式であった「ナポレオン」の勇姿。画像はWikipediaから引用(この項キット画像以外は全て同様)。ナポレオンは蒸気機関とスクリューを供えていたが、装甲はされていない。排水量約5千トン、長さ77メートルは同時期のイギリス軍帆走戦列艦「HMS ウィンザー・キャスル」の排水量6千トン、長さ73メートル(後述の改修後の値)に対しても見劣りしない立派な「巨艦」だ。武装はウィンザー・キャスルの3段砲甲板130門に対し、2段砲甲板90門でちょっと控えめだが、この巨体が煙をモクモク吐きながら風を無視して最大12ノットで走り回るのだからインパクトは絶大だった。

1853年に始まったクリミア戦争でナポレオンがその能力を見せるとイギリス海軍はあっさりと手のひらを返して「蒸気+スクリュー=最強!」と言い始める。以前にスクリュー船をあっさり無視されたジョン・エリクソンは「それ見たことか」と言うかと思ったが、彼はすでにアメリカに渡っていた。
各国海軍はこれ以降全面的に蒸気艦に主力を切り替えることとし、すでに建造済の帆船も次々に蒸気機関を積みスクリュー推進に改造されていく。HMS ウィンザー・キャスルも就航直前に「やっぱ時代は蒸気ぜよ」ということになり船体をぶった切って9メートル延長するという恐ろしげな大改造の末に蒸気+スクリュー推進式に改造され1852年9月14日に再度進水した。同日、かつてワーテルローでナポレオンを破った初代ウェリントン公爵が死去。HMS ウィンザー・キャスルは「HMS デューク・オブ・ウェリントン」に改名された。

HMS_Duke_of_Wellington_at_Keyham.jpg

1854年、乾ドックで整備中のD・O・ウェリントン。多段砲甲板舷側砲門の古典的戦列艦が到達した究極の形。斜檣(バウスプリット)の下にウェリントン公爵を模した船首像が取り付けられているのが見える。

(後編に続く)

参考ページ:
https://en.wikipedia.org/wiki/French_ship_Napoléon_(1850)
https://en.wikipedia.org/wiki/HMS_Duke_of_Wellington_(1852)
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Modely-vystřihovánky チェコ テレビ塔 Žižkovský vysílač (後編)

いまさらですが2017年、あけましておめでとうございます。
去年末のジシュコフテレビ塔前編の記事の記事番号が嬉し恥ずかし、「1000番」だったのをすっかり見逃していたが、よく考えてみりゃ「1000」とは言ってもエントリの大半は「今週更新できないや、ゴメンネ ☆ミ」って内容なんで、まぁ、別段大した数字じゃないな、と思い直した筆者のお送りする世界のカードモデル情報。ちなみに左カラムの各サブカテゴリの数字を全部足しても1000にはならないのは、書き損じたり更新ミスったりして破棄になった番号がいくつか含まれているからです。

_vyr_517Zizkovsky-vysilac_201612251539236bd.jpg

さて、前回なぜか赤ん坊の像がハイハイで登ったり下りたりしているという怪奇現象を紹介したっきりになっていたプラハのジシュコフテレビ塔だが、これが何かというと、チェコを代表する新進気鋭の若手現代アーティスト、ダヴィッド・チェルニー(David Cerny)氏の「作品」。
この赤ちゃん達は2000年に塔に取り付けられたが、当初は一時的な装飾となる予定であった。だが、翌年にそのまま恒久展示となることが決まり、取り付けられたままとなっている(資料では一時的に取り外し、取り付け直したようにも読めるが、ちょっと詳しいことはわからなかった)。

_vyrp13_517Zizkovsky-vysilac-3.jpg

デッキの窓や、デッキ天井に出るためのハシゴのディティールからわかる通り、この赤ん坊かなり大きい。縮尺の大きいキットなのでシルエットの切り抜きで表現されているが実物はこんな感じだ。

576px-Praha,_Žižkovský_vysílač,_detail_01

写真はWikipediaからの引用(この項、キット写真以外全て同様)。
なるほど、「醜い」と不評だったジシュコフテレビ塔もこの可愛い赤ちゃん達のおかげで一気に親しみやすく…………なってねーよ! むしろ怖いよ! 見た目に怖いし近づくと外れた赤ちゃんが上から降ってきそうで物理的にも怖いよ!
しかし、取り外し予定だったものをわざわざ残しているんだから、プラハの人にはきっと好評だったんだろう。よくわからないが。
残念ながら当キットのディティールアップパーツは発売となっていないので、ジシュコフテレビ塔に思い入れのあるモデラーなら、3Dプリンターで赤ちゃんパーツを自作し、立体の赤ちゃんをキットに取り付ける事でクオリティとなんだこりゃ感がぐっと増すことだろう。

この赤ちゃん像を製作したダヴィッド・チェルニー氏はデビューからして強烈であった。
共産政権時代、チェコスロバキアの首都プラハ中心部にはプラハに一番乗りした「解放軍」の戦車としてIS-2重戦車が5メートルの台座の上に載せられたモニュメントが飾られていたが、このモニュメントは不評であった。なぜなら、プラハに一番乗りしたソビエト戦車は第4戦車軍のT-34/85戦車であり、IS-2ではなかった。しかも、モニュメントの砲塔には「23」のターレットナンバーが書かれていたが、実際に一番乗りを果たしたI.G.ゴンチャレンコ(Ива́н Григо́рьевич Гончаре́нко)の戦車の番号は「24」だった。そもそも、プラハ市民にとってソビエト軍の戦車は「解放」というよりも1968年の民主化運動、いわゆる「プラハの春」を踏みにじった圧制者の象徴でしかなかった(「プラハの春」の写真では戦車はT-64が多かったようだ)。
1989年に「ビロード革命」でチェコスロバキアが民主化するとこのモニュメントは「道義的にも、歴史的にも維持する根拠はない」とされ、扱いは一層微妙なものとなる。
1991年4月28日朝、プラハ市民は仰天した。モニュメントの戦車23号が目がさめるようなドピンクに塗られていたのだ。
しかも、ハッチには巨大な中指の像がそびえ立っているという野卑なオマケつき。
このゲリラアートを敢行したのが、当時美術学校の学生であったダヴィッド・チェルニーであった。
ご丁寧に署名を残していたチェルニーは即座に「騒乱罪(共産政権下で不都合な人物を逮捕するのに良く使われた)」で逮捕され、戦車はすみやかに軍が緑色に塗り直した。これにはロシア政府からの抗議もあったという。
しかし、民主化によって新たに選ばれた市議会の15人のメンバーがこれに異を唱えた。「なんで緑でなきゃいけないの? 間違った戦車が間違った番号で飾られてるんだから、「正しい色」なんてないでしょ?」というわけだ。
そして、驚くべきことに戦車は公式にピンクに塗り直され、チェルニーは釈放となった。
いまやソビエトの圧政からの「解放」のモニュメントとなったこのピンクのIS-2、今はプラハ南方の軍事博物館にピンク色のまま飾られている(さすがに「指」は外されている)。

800px-Lešany,_Vojenské_muzeum,_růžový_tank

ちなみに「変な彫像」なんかのまとめでよく出てくるこの像、

576px-Cerný_Wenceslas

これもチェルニー氏の作品。逆さまの馬に乗ってるのはチェコの守護聖人、ボヘミア公ヴァーツラフ1世。
筆者は長い間、この像についてなにかこういう逸話があるのだろうと勘違いしていた。例えば、

ヴァーツラフ1世:ジシュカ殿~! 一大事でござる~! ローマ教皇グレゴリウス7世に教皇領に招かれたのでござるが、教皇は『馬の背から教皇を見下ろすなんていう不敬を働いてはならぬ。しかし、武人であるヴァーツラフ公は下馬してもならぬ』という無理難題をふっかけてきたでござるよ。
ヤン・ジシュカ:うーん、これは難題だぞ。ポクポクポク、チーン!
当日。
グレゴリウス7世:ぐふふ、これではボヘミア公は顔を出すことはできぬだろう……ややや、あれは!
ヴァーツラフ1世:これなら馬の背から教皇を見下ろすことも、下馬したことにもならないでござるよ!
グレゴリウス7世:なんというトンチ! ぎゃふん。
ヤン・ジシュカ:ひとやすみひとやすみ。

みたいな感じだ。ちなみに登場人物は活躍時期が百年単位でバラバラなので全部でたらめだ。
しかし、実際にはこの「逆さ馬」の像はプラハ中央広場にあるヴァーツラフ1世の像のパロディーで、民主化集会がこの広場で行われたことで民主政権のアイコンとなっている像を改変することで、「民主政権」という新しい「権力」に対する反骨精神を表現している……ってことでいいのかな? まぁ、芸術作品の解釈なんて一つじゃないんだ、筆者はそう思う、という程度で読み飛ばしていただきたい。

800px-Wenceslas_square_statue_daytime.jpg

↑もとねた。

さて、長い脱線となったが、キットの方はスラリとしたフォルムからなんとなく大味なイメージを受けるが、放送設備や通路などの細かいディティールもきっちりと立体化されておりなかなか手応えがありそうだ。

_vyrp15_517Zizkovsky-vysilac-5.jpg _vyrp16_517Zizkovsky-vysilac-6.jpg

Zizkovsky_vysilac_-_NK-2.jpg Zizkovsky_vysilac_02.jpg Zizkovsky_vysilac_04.jpg

こちらは組み立て説明書と展開図のサンプル。手書き時代のあらゆる余白にパーツを押し込んでくるすごい密度の展開図よりはましだが、やっぱりチェコキットの展開図は密度高め。
組み立て説明書もなんだかまとめて説明されてて大雑把に見えるが、パーツ取り付け位置に取り付けパーツの番号が書かれているチェコ式のカードモデルは展開図そのものも組み立て説明の一部なのでこれで十分だ。

Modely-vystřihovánky からリリースされたチェコのテレビ塔 Žižkovský vysílač はスケールは300分の1。難易度は5段階評価の「5」(とても難しい)、そして定価は200チェココルナ(約900円)となっている。
当キットはテレビ塔ファンのモデラーにとっては見逃すことのできない一品と言えるだろう。また、ダヴィッド・チェルニー氏のファンならピンクに塗ったMODELIKのIS-2と並べて飾ることでプラハ市民気分を味わうのもおもしろそうだ。
2017年もよろしくお願いいたします。


キット画像はModely-vystřihovánkyショップページからの引用。


*定価はあくまでも現地で購入する場合の値段です。日本国内で購入する場合には輸送費などを考慮し、2倍~3倍程度になるとお考えください。

参考ページ:
https://en.wikipedia.org/wiki/Žižkov_Television_Tower
https://en.wikipedia.org/wiki/David_Černý
https://en.wikipedia.org/wiki/Monument_to_Soviet_Tank_Crews





テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

2016年もありがとうございました。

チェコのテレビ塔の話が途中ですが、気がつきゃいつの間にやら今年も残り数時間。なので、お先に自分の中で毎年恒例となっている年末の挨拶を先に。

まずは2016年の完成品。

20161231_04.jpg

MODELIKのBA-27。とにかく実車そのままに華奢な構造のキットでしたが、瞬間接着剤の力でなんとかカタチになりました。完成してみると、なんだかやたらカッコイイ気がしてくるから不思議。

20161231_05.jpg

もう一つ、「紙工作入門」のD-51。こちらは30年の試行錯誤を経てついに完成。小学館の「紙工作入門」、けっこう読んでた方が多くて、静岡では「あれを完成させたのか!」という反応をたくさんいただきました。

20161231_02.jpg

で、こちらは製作中のT-26の惨状。夏から秋には公開を~なんてあまっちょろいことを考えていたんですが、本業の方が久々に立て込んでしまってこのざまです。ほんとすんません。あとは足回りと車外装備品ぐらいしかないんだから、来年こそは!

20161231_03.jpg

あんまりにも悔しいんで別アングルからもう1枚。こっちは暗くなってから撮ったんでオレンジっぽいバランスになっちゃいました。

20161231_06.jpg

あと、細かい工作の時間が取れない時にはpaper-replika.comのRPG-7の本体作ってました。本体はだいたい仕上がって、あとは照準器周りの細かい工作。
今年は全然模型触ってないような気もしてたんですが、終わってみれば意外と工作してるなーと驚いてます。でも、もっともっと作りたいってのが正直なところ。ブルムベアとか、イタリアの高速巡洋艦とか、新しい方向の試作とか……うーん、全然製作時間が足りない! 春には一段落つくはずなので、静岡ホビーショーで一気に弾みをつけたいと考えてます。

さて、今年も2016年の勝手な総評を。今年も世界中の個人デザイナーは良キットをネットで発信/販売、大手ブランドは美しい印刷キットを順調にリリース中と、カードモデル業界に大きな動きはなかったかな、と思ってます。
一つ、特筆すべき嬉しい変化はチェコのインターネット環境が整ってきたこと。チェコのカードモデルはポーランドやウクライナとは違った路線なので、キットや情報が手に入りやすくなるのは嬉しい限りです。
いまや当ブログのメインとなっているキット紹介はスペインの装甲艦に始まりチェコのテレビ塔の途中で終わりましたが、来年もどんなキットが楽しませてくれるのか楽しみです。
2017年も全てのカードモデラーにとって実り多き年となりますように。
本年もありがとうございました。よいお年を!

おまけ。
新しい客船ターミナル建設のために場所を移動した南極観測船”宗谷”はお色直し中。地味にローラーでコロコロ塗ってました。
後ろに写ってるバカデカいクレーンは新ターミナルの基礎打ち作業用。
20161231_01.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Modely-vystřihovánky チェコ テレビ塔 Žižkovský vysílač (前編)

今週も金曜、土曜と出勤して来週は仕事納めが30日となりそうな、久々に忙しい筆者のお送りする世界のカードモデル情報。しかし、これ以上更新休止してると、年明けぐらいには「そういえば、なんかカード? モデル? 忘れたけど紙工作のことをどうとかこうとか、しつこく書いてたブログがあったようななかったような…………まぁいいか」と読者の記憶からきれいさっぱり消えてなくなってしまいそうなので、今回は次のネタの触り部分だけでもアップして、年の瀬の忙しい時期だってのに無駄に自己主張しておこうという魂胆だ。

今回紹介するのは当コーナー初登場、チェコのブランド「Modely-vystřihovánky」からの新製品、チェコのテレビ塔 Žižkovský vysílač だ。

_vyr_517Zizkovsky-vysilac_201612251539236bd.jpg

子音と補助記号ばっかり並ぶチェコ語は発音が全然わからない。しかも、ポーランドのメーカーと違ってチェコのメーカーは英語ページが準備されてないことが多いので自然と紹介を敬遠しがちでごめんなさい。
今回の版元、「Modely-vystřihovánky」(直訳は「切り抜き模型」)は公式サイトへ行くとわかるがメインはカードモデルのネットショップで、オリジナル商品の出版もしている、といった感じのようだ。
チェコのカードモデルメーカー大手、「BETEXA」も、他社商品も扱うカードモデルショップが自社オリジナルも出版している、というスタイルなのでチェコではよくある形式なのかもしれない。
あ、そうだ、忘れないうちに書いておこう。以前に「消えてしまって行方不明」と書いた「Best Paper Models」のキット達だが、先日BETEXAのショップサイトを見に行ったら復活していた。紹介しそこねてしまった1分の1パンツァーファウスト60は印刷版が302チェココルナ(約1350円)、ダウンロード版が225コルナ(約1000円)となっている。BETEXAのショップページはリニューアルされて英語ページもできたので、これまで手が届きにくかったチェコ製キットを購入するための窓口となってくれるかもしれない。

さて、BETEXAの話は置いておいて、今回のキットの説明に移ろう。
名前の「Žižkovský vysílač」というのは、直訳すると「ジシュコフのテレビ塔」。「ジシュコフ」というのは塔が立っている地名で、チェコの首都プラハの(地理的に)中央にある地区。地区の名前はチェコが世界に誇る隻眼の英雄「ヤン・ジシュカ」からつけられている。フス戦争で女性や子供まで含めた民衆軍を率いたジシュカは厚板で装甲したワゴン(馬車)の銃眼から原始的なマスケット銃を滅多打ちしまくるという戦術で正規軍のエリート騎士団の突撃を何度も粉砕した軍事的天才であった。

ジシュコフテレビ塔が着工したのは1985年。完成したのは1992年で、7年もかかった。東京タワーが57年着工、58年完成で工事期間1年半なのに比べるとこれは長い(ジシュコフテレビ塔の高さは216メートルだから、別に極端に高い建物ではない)。
スカイツリーでも2008年着工2012年完成で工事期間4年だから、それに比べてもまだ長い。なんでこんなにかかったのかはよくわからないが、1980年代といえば共産圏が崩壊しつつあった時期なので、その関係なのかもしれない。
基本的な構造はコンクリートを充填した金属の筒3本からなり、うち1本がアンテナ塔として他2本よりかなり高くなっている。それぞれの柱に3層に並ぶ箱型デッキのうち、上の層が放送設備室、中層は展望台、下の層にはレストラン、カフェが入っている。また、2013年からはVIP向けのラグジュアリーホテル1室が開業し、プラハの夜景を見下ろす贅沢な一晩が送れるようになった。
ジシュコフのテレビ塔には特にスカイとかツリーとかの名前はついていないようだが、非公式にはそのヒョロリと細長いスタイルから”ミロシュ・ヤケシュ(着工当時のチェコスロバキア第一書記)の指”、またはロケットのような形から”バイコヌール”や”パーシング(アメリカの中距離弾道弾)”などとも呼ばれたそうだ。

それでは、ジシュコフテレビ塔の姿をキット完成見本写真で見てみよう。

_vyrp11_517Zizkovsky-vysilac-1.jpg

スラリとしたスタイル。台座として足元の付属施設も再現されているのが嬉しい。
今でこそ観光名所の一つとなっているジシュコフテレビ塔だが、建設当時は地元の反感はかなり強いものだったようだ。建設のためにユダヤ人墓地の一角を潰したのもマズかったが、なによりもその姿が「醜い」と不評だった。
そうかなー、近代的でカッコイイと思うけどなー、と思ったが、遠景の写真をみたら考えが変わった。

800px-Žižkov_from_north

Wikipediaより引用。周辺の建物の屋根越しに見るジシュコフテレビ塔。
あー、うん。これはひどい。
古風な町並みの中に突然そびえ立つ金属タワー。景観保護もなんもあったもんじゃない。なんかさ、こう……レンガ積み風にテーパー付けた多角形にするとかさ、いっそ古風なトラス構造にするとかさ、なんか方法はなかったんだろうか。旧共産圏の人ってのはどうしてこう、やたらアバンギャルドな建造物を建てたがるんだろうか。

_vyrp12_517Zizkovsky-vysilac-2.jpg

もうちょっと近づいてデッキ部分のディティールをみてみよう。これはレストランやカフェが入っている一番下の層。窓はテクスチャ表現で内装はないようだ。 …………ん? なにが柱についてんだ、これ? 子供がハイハイしてるようにも見えるけど……

_vyrp14_517Zizkovsky-vysilac-4.jpg

ハイハイしてる子供だよこれ!
なにこれ怖い! さすが偉大な不条理小説作家フランツ・カフカを産んだ国チェコだ、わけがわからない。
なぜテレビ塔に重力を無視した巨大な赤ん坊が這い登っているのか。その謎は、まぁぶっちゃけ後編でも大して明らかにはならないが、後編を刮目して待て! できれば年内にもう一回更新したい!

キット画像はModely-vystřihovánkyショップページからの引用。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

引き続き更新休止のお報せ。

本日も本業多忙なため更新休止させていただきます。
年末年始休暇もちょっと危ないので、ひょっとすると次回まじめな更新は年明けかも……?ってな感じなので、暇な時にでもあんまり期待せず冷やかしに来ていただければ幸いです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

展開図公開中
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

のとっちょ

Author:のとっちょ
カードモデル初心者が苦闘するさまをご覧あれ。

検索フォーム
リンク(順不同、敬称略)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード